広島ニュースTSS

県内で新たに新型コロナ感染確認

07/7(火)  21:39 掲載

7日夜、県内で新たに新型コロナウイルスの感染者が1人確認されました。
これで県内の感染者数は167人となります。
広島県によりますと新たに感染が確認されたのは廿日市市在住の会社員で年齢や性別は本人の意向で非公表となっています。
会社員は今月3日から頭痛や咳などの症状が現れ5日に38度の発熱があったことなどから県内の医療機関を受診。
その後も症状が続ききょう抗原定性検査をしたところ陽性が判明しました。
症状は軽症で現在感染症の指定医療機関に入院しています。
会社員は発症前2週間以内に県外への外出はなく出勤は自家用車だったということです。
広島県は同居している家族3人を濃厚接触者としてPCR検査をするなど感染の状況を調べています。
県内の感染者数はこれまでのところ167人となっています。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook