広島ニュースTSS

「辞職ドミノ」安芸高田市長が一転 辞意表明

06/30(火)  19:10 掲載

「告白ドミノ」の次のステージは、「辞職ドミノ」へと展開していくのでしょうか? 河井克行容疑者から現金を受け取ったことを認めたものの、続投の意向を示していた安芸高田市の児玉浩市長が30日、記者会見を開き、一転して辞意を表明しました。

【安芸高田市・児玉浩市長】
「継続することは市政運営に支障をきたすと自らが判断したところであります。深くお詫びを申し上げます」
児玉市長は会見で昨夜、議長に辞表を提出したことを明らかにしました。
今年4月の市長選に立候補し、無投票で初当選した児玉市長。その時のインタビューで、県議時代に克行容疑者から現金を受けとったか尋ねられると・・・。
【安芸高田市・児玉浩市長】
Q(克行議員が)金銭・お金をもってきたことは?「それはないです」
と明確に否定していました。
しかし、買収の実態が次々と明らかになっていく中で今月24日には、説明を一転。克行容疑者から現金60万円を受け取ったことを認めました。26日に開かれた市議会では、頭を丸めて姿を現し、続投の意向を示していた児玉市長。わずか2か月余りでの市長の辞意表明に地元では…。
【安芸高田市民の声】
「お金もらってたしやめたほうがいい。丸刈りしても罪逃れられない。普通の頭で出たほうがよかった」
「この間ここで万歳みたばっかし。ちらっと噂は聞いていたがまさか本当とは」
記者から今後について問われると・・・。
【安芸高田市・児玉浩市長】
Q市長の意思として出直し選に出たい意向は?「今後、後援会、支援者としっかり話し合いしていきたいと思います」
このように述べ、明言を避けました。


直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook