2020年10月13日放送分
「現代人は眼を酷使しすぎている!お疲れの眼に愛(eye)を♡」
ティーチャー

坪井眼科医院 坪井隆院長
眼の疲れに向き合って約50年。日本でいち早く眼精治療室を開設

HP

http://www.tuboiganka.jp/

紹介

〇眼精疲労ってどんな状態?
→眼の酷使により、眼だけでなく全身に様々な異常が出ること

〇こんな状態ならあなたは眼精疲労かも!
眼:充血・かすむ・乾いて痛い(ドライアイ)・眼の奥が痛い・
チカチカする(光がまぶしい)・ぴくぴく痙攣する
身体:頭痛・肩こり・イライラ・集中力低下・不眠症・食欲が出ない

〇眼精疲労の大きな原因:「近くのものを長時間見続けること」
→スマホの他、PCでデスクワーク増加、タブレットの普及、コロナでテレワーク…
人類史において、過去最高に眼を酷使する状況
特に「歩きスマホ」「電車・バス内スマホ」は小さい上に揺れる文字で眼は極度に疲労

〇老化と眼「暗順応能力の低下」
年を取ると加齢により、人間の眼は明るい場所から暗い場所に適応する能力が低下する

〇眼に良い休日
プラン①:電車に乗って山へ行き景色や星など遠くを見る
プラン②:しっかり睡眠をとって散歩

〇家庭でできる!眼の疲れリセットする方法①
・ホット・アイパック:50℃くらいのタオルを5分間眼の上に
温めることで眼の筋肉をほぐし、血行が良くなる。
・アイス・アイパック:冷たいタオルを5分間眼の上に
冷やすことで再び緊張しマッサージのように動きがスムーズに

〇家庭でできる!眼の疲れリセットする方法②
・アイマッサージ
1、両手をこすり合わせる
2、両手の人差し指と中指で、眼球の周囲の上下、左右を押す
3、3本の指で両方のこめかみを上下左右に押し、グルグル回す

満点ママトップへ