情熱PRESS

ヒロシマを遺した男 ~原爆資料館 誕生秘話~

広島市の原爆資料館(広島平和記念資料館)。ヒロシマの被爆の実相を伝える施設として国の内外に知られ、年間140万人もの人が訪れる世界でも数少ない「負の遺産」を展示する資料館である。
しかし、この資料館がある一人の学者の信念によって生み出されたことを、今となっては知る人はほとんどいない。

長岡省吾氏(向かって左)

昭和20年。当時、広島文理科大学(現・広島大学)で地質鉱物学を指導していた長岡省吾さん。原爆投下の翌日に市内に入り、護国神社で腰かけた石灯ろうの表面に、異常な高熱によって、尖った無数の“トゲ”ができて いることに驚く。石の専門家である彼は「特殊な爆弾だ」と直感し、毎日廃墟となった広島の町に通いつめ、焼けただれた石や瓦、ビンなどをひたす ら集めるようになった。

やがて終戦後国が立ち上げた被爆調査団の地質学5人のメンバーに長岡さんも選ばれ、広島だけでなく、長崎でも調査を行うようになり、 個人的に拾い集めた石や瓦はいつの間にか膨大な量になっていた。
昭和24年、広島市は中央公民館に「原爆参考資料陳列室」を開設、長岡さんの収集品の展示をはじめた。しかし、焼け跡に多くのガレキがまだ残る時代、集めた「被爆資料」は人々の関心を呼ぶものではなかった。だが、長岡さんはねばり強く 「あの一瞬に何が起きたのか」を、訪れた人に訴え続けた。

長崎の爆心地に立つ長岡氏(右)
「焼野原で石を拾い集める父の姿が目に焼き付いている」と語る長岡氏の五女

昭和30年8月、ついに原爆資料館が誕生。長岡さんは初代の館長に就任。

館長としての長岡さんは、全国の学校へ修学旅行に来てもらうよう働きかけ たり、多くの人に原爆の恐ろしさを伝えるべく取り組んでいた。
しかし、世界は、核の時代へ・・原爆資料館で「原子力平和利用博覧会」が 開かれることになり、原爆資料は小さな公民館へ移され・・。

今では、初代資料館長・長岡省吾についての資料はほとんど残っていない。
番組では、わずかな手がかりをもとに国内外に当時を知る人々を訪ね、 原爆資料館を作った男の軌跡を追った。 彼が命をかけて伝えようとしたものは―