• わんぱくスポーツフェア
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2016 わんぱく農業体験 第4回目
2016 わんぱく農業体験 第4回目・『子どもたちの感想』
農業体験をして思った事は、田植えをして稲刈りをするのは初めてだったので、良い経験になったと思います。田植えの時、農家の方にやり方を教えてもらいしました。泥の中に入って、秋になったら美味しいお米がとれるように、気持ちをこめて植えました。泥に足がつかっても頑張りました。秋になって、お米を採りました。それまで農家の方が大事に米を見守ってくれました。それが実り、収獲する事ができました。そして今回、このお米を太巻きに使いました。とても美味しかったです。お米は農家の方たちが、頑張って作って下さり食卓に並んでいることをありがたく思いました。
私は今回のわんぱく大作戦の芋掘りでは、ツルを切ったり、芋を掘ったりして、農家の方の大変さや楽しさが分かりました。また長い巻きずしでは、みんなで力を合わせてできたので嬉しかったしおいしかったです。このわんぱく大作戦を通して農家の方の大変さが分かったので、これからは感謝して食べようと思いました。3カ月間ありがとうございました!
今回の芋掘りは、とてもむずかしく、傷をたくさんつけてしまったり、まだほれていないのに無理やり引っ張って、芋を折ってしまったりしてしまいました。とても大きな芋もあったりしたので、農家の人たちにも手伝ってもらいながら掘っていると、山のようにたくさん掘れたので、すごいと思いました。これまでの農業体験で私が分かった事は、私たちが食べているものには、たくさんの人たちが手をかけることによって作られていることです。なので、これからは、ご飯の時に残したりしないようにして食べようと思います。
今回は、わんぱく大作戦農業体験の最後です。ぼくたちで植えて稲刈りをしたお米で、太巻きをみんなで作って食べました。市販とはちがうおいしさで、ほっぺが落ちそうでした。次に芋植えをした芋を掘りに行きました。ぼくたちは、大きくいっぱいになるように植えました。でも想像以上の量と大きさには、驚かされました。バスに持って行くのも重くて手が死ぬほど痛かったです。ぼくたちが作ったお米も出来上がって、持って帰れるようにしてありました。おいしいお米なので、家族に食べてほしいです。タイから親戚が来るので食べてもらいます。早く食べたいのにお母さんがそのために、炊かないので待ちくたびれています。4回あったけど、あっという間に終わったので残念です。農家の人の大変さが分かりました。友だちも出来て協力し合ったのでここまで出来たんだなと思いました。ぼくは、六年生なので、中学生になったらこのような行事が無いので残念です。農業体験で学んだ事を何かに役立てたいと思います。ありがとうございました。
傷をつけないで芋掘りをするのはとても大変だなと思った。このわんぱく大作戦をしてとてもよい体験をしたなと思った。またいろいろな人とふれ合えてとてもおもしろかったし、楽しかった。こんな体験はもうこないかと思うと、とても悲しいです。私はあまり人と仲良くなれないけど、班のほとんどの子と話を楽しくしたり触れ合ったりできてよかったなと思った。
わんぱく大作戦プロジェクト2018 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2018  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社