• わんぱくスポーツトライアル 応募はこちら
  • わんぱくサイクリング 応募はこちら
  • わんぱく釣りごろつられごろ 応募はこちら
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2016 わんぱく農業体験 第4回目
2016 わんぱく農業体験 第4回目・『保護者の感想』
わんぱく大作戦「わんぱく農業体験」に参加することが出来て、とても良かったと思います。今回(最終回)もらって帰ったさつまいもとお米は自分が収穫したという気持ちが大きく、食事の時、とても味わいながら食べています。お米は、本当に美味しく家族で食事をしながらお米の話になり、なごやかな食事時間を過ごす事が出来ています。「農作業を最後までやりとげた!!」という達成感は、これから先何をするにしても自信につながると思います。本当に貴重な体験をさせて頂いて感謝でいっぱいの気持ちです。ありがとうございました。
今回の農業体験に参加させて頂いて、本当にいい経験になりました。親の私も経験のない、田植えや稲刈り。とてもうらやましく思いました。自然の中で、生き物にふれ、田んぼの感触、稲刈りの大変さ、必死になってイモ掘りをしたこと、巻きずしを上手に巻けたことなど、とてもうれしそうで、しかも誇らしそうに話しており、妹は私も行きたいと大騒ぎになるほどで・・・。この経験を通して、食物に対して、様々な人の手がたくさんかかっていて、日々の食事を大切にしてもらいたいと思います。本当に貴重な経験をさせて頂き、とても感謝しています。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
この度は、田植え等の体験をさせて頂きありがとうございました。特に収獲したさつまいもを好きなだけ持って帰れるのが嬉しくて楽しかったようです。帰りは「車ではなくて電車かも。」と言う私の言葉を心に留めていたようですが、持つ所も破れてパンパンになった袋が2つ…結局は車で迎えに行ったのですが、近くの駐車場まででも大変で、息子と笑いながら「電車だったら大変だったねー。」「俺も電車だったらどうしようと思いながら持ってきたよ。でも冬の間はずっとこのさつまいもが食べれるなー!」と楽しい会話になりました。3回目の稲刈りは、残念ながら参加することができませんでしたが、家族みんなで「息子が作ったんだよー。おいしいね!」といただきました。裸足で一つ一つ苗を植えた経験は一生の思い出になると思います。
毎回不安そうに出掛けて行くので、大丈夫かな?無理に参加させたのかな?と思うこともありましたが、帰ってくる都度、楽しかったよとたくさん話をしてくれました。内容も盛り沢山で、普段出来ない経験を色々とさせてもらい、また、農作業を通して農家の方々の苦労を知ることで、食べ物に対する接し方も少し変わったように思います。何より全4回元気に参加することができ、サポートしてくださったスタッフのみなさん本当にありがとうございました。
米とサツマイモを植えさせてもらって、農家の方々が立派に育てて下さったものを収穫させていただくという、美味しいとこ取りの農業体験をさせていただきありがとうございました。綺麗な真っ白なコシヒカリを特別な日だけ娘の許可を得て炊き、美味しくいただいております。サツマイモは沢山頂いたので、掘って日が経つにつれて甘くなるというのを感じながら色んな料理で贅沢にいただいております。娘が噛みしめながら毎回、「やっぱり美味しいね」と嬉しそうに家族に同意を求めて会話も弾みます。そして、毎回楽しいイベントも用意してくださってありがとうございました。以前から憧れていた農業体験に、自身初体験のイベントが加わった一日一日を心から楽しんで来ていました。そのおかげで、親子関係にも変化がありました。これまでマイペースな娘にやきもきさせられることが多かったのですが、娘も心から楽しみなことは自分から準備をすることを目撃して、やる気になるのを待つことが苦痛ではなくなり、穏やかに見守れるようになりました。4日間、本当にお世話になり、ありがとうございました。
10月23日、わんぱく大作戦から帰ってきた息子から出た言葉は「また参加したい」でした。人見知りで人の輪に入るのが苦手な子ですが、回数を重ねていくうちに楽しそうに自分で準備していく姿が少したくましくなったと思いうれしかったです。子供にはとてもいい体験ができたと思います。ケガもなく楽しく過ごせたのは各班の班長さん、スッタフの皆様のおかげです。5月~10月まで、色々とお世話になりました。ありがとうございました。
4回すべてに参加させていただき、春に自分が植えた物の収穫がとても楽しかったようです。街中で暮らしていると、なかなか土に触ったり、野菜を植えたり…ということが、本格的にはできないため、今回の体験は、本人にとってとても大きな財産になったと思います。人が生きていく上で、一番大事な「食」という部分、しかもそれの根底となる、「作る」ということに、どれだけの意味があるかをこれから先にもずっと胸にとどめておいて欲しいと思います。この度は、本当にありがとうございました。
第一回から第四回まで大変お世話になり、ありがとうございました。今までは当たり前に口にしていた食べ物に対し、作ることの大変さ、それをいただくことの嬉しさなど、たくさんの心躍る体験ができたようでした。いつも帰宅後は、たくさんの話をしてくれることも、私にとっては楽しみなことでした。今回の体験をここで終わらせることなく、食について、食物を作ることについて、考えを深めてくれることを子供に期待しています。最後にいただいた、お米もさつまいもも、本当においしかったです。子供との会話の種をたくさんまいて下さった農業体験、本当にありがとうございました。
4回の体験で毎回朝早くから電車に1時間近く乗って、遅くに帰っています。最初は4回もあるんだって思っていたけど、毎回毎回帰ってきた子供の顔がハキハキとし楽しかった事、大変だった事、今まで以上に電車の中で教えてくれたりしていました。そして、最後の日自分のわずかなお小遣いを2週間分貯めて電車の切符も買ってくれました。その日の帰りに「ママ、毎回朝早くから一緒に来てくれてありがとう」と言われた時は子供は成長したなと思いました。いつも自分の事しか思っていない子供が急に変わったように思う瞬間でした。それもわんぱくに参加出来た事で子供が成長したんだと思います。そして気がついたら今回のわんぱくはもう終わっちゃった事が少し寂しい気分になりました。貴重な体験をさせてくれた事本当に、本当にありがとうございました。子供にとってはきっと自分の小学生生活の思い出になっていると思います。子供は来年も絶対に参加するとすぐに宣言してくれました。とても人気なわんぱく大作戦は来年も当たりますように願うばかりです。また、よろしくお願いします。
わんぱく大作戦プロジェクト2019 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2019  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社