• わんぱくスポーツトライアル 応募はこちら
  • わんぱくサイクリング 応募はこちら
  • わんぱく釣りごろつられごろ 応募はこちら
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2016 わんぱく農業体験 第2回目
2016 わんぱく農業体験 第2回目・『保護者の感想』
前回の時はそうでもなかったけど、少し慣れてきたせいか、帰りの車の中では、楽しそうにしゃべりっぱなしでした。特に“アユのつかみ取り”は興奮した感じで話しており、どんなに一生懸命生き生きとつかみ取りにはげんでいたのか目に見えるようでした。又、竹とんぼ作りでは、左利きのため右用の小刀がうまく使えず、頑張ったけどうまく削れなかった。時間が足りなかったが、もっと削りたかったなど、普段あまり見られない“自分でもっとやりたい”という前向きな姿が見られとてもうれしく思いました。この体験の中で子供が成長している姿を見る事ができとても感謝しています。ありがとうございます。
エコミュージアムへ迎えに行くと、年配の方々が子どもたちを素敵な笑顔で温かく見送ってくださっていました。色々な体験を沢山の愛情のもとでさせて頂けているのを感じ、大変ありがたく思いました。子どもは帰りの車中、芋の苗つけ、あゆのつかみ取り、竹とんぼ作りの頑張ったことや、面白かったことを色々と話してくれる途中で、何度も「あー楽しかったなぁ。次が待ちきれないよー。」と幸せそうに宙を見上げていました。短い時間の中で多くの活動をさせてくださってありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。
前回に比べて2回目なので遠足に行くような感じで楽しんで、出かけていきました。最初は荷造り?は手伝いましたが今回持って行くものは自分で準備しました。この経験を通じて少しずつ<成長>をしているなと感じています。
前回の田植えに続き、今回も土をいじる事がとても楽しかったようで、帰ってきてから1日の出来事を話す顔はとてもキラキラした良い表情でした。やはり、こういう顔こそ子供らしい良い物だと心より感じ、わんぱくに参加させていただき、本当によかったです。ありがとうございました。
あいにくの雨で、泥だらけになりながらの作業だったようですが、それもまた楽しかったようです。芋の苗の植え方のコツなどを教えてもらったみたいで、芋の生態について一つかしこくなったようです。秋の収穫が今から楽しみなようで、夏休みに一度、植えた苗の成長を見に行きたいと言っていました。
プログラムから帰ってきて、少し疲れた様子でしたが、どうだった?と聞くと、「すっげ~楽しかったわぁ~」と、とても充実感があったようです。「今日は鮎のつかみ取りもあってからね~俺ね、右手でも左手でもホイホイホイホイ取れたんよ~もぅ獲れすぎるけん、袋で捕まえたんよ。鮎うまかった!」と目をキラキラさせて話をしてくれました。いつも収穫された野菜や調理された魚を食べるのみで、そもそも自分の食べている物に命があり、またそれを育てている人がいるという事をきっとわかってくれたんじゃないかなぁ~と思います。また、わんぱくに参加する子供たちは積極的に土を触り、川に入り、魚を手掴みすることができたくましさを感じました。次回の農業体験も楽しみにしています。
雨の日になり、作業が出来るのか、風邪をひかないか、と心配しましたが、心配をよそに楽しんで来たようで安心しました。集合場所に到着したら、前回仲良くなった友達とワイワイ話をし始めたので、友達も出来たようで楽しさも倍増のようでした。農作業にも興味が湧き始め、友人の田んぼでも田植えをやりたいと張り切っていました。
わんぱく大作戦プロジェクト2019 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2019  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社