• わんぱくスポーツトライアル 応募はこちら
  • わんぱくサイクリング 応募はこちら
  • わんぱく釣りごろつられごろ 応募はこちら
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2015 わんぱくサイクリング
2015 わんぱくサイクリング・『保護者の感想』
この度は、大変お世話になりました。実は、わんぱく大作戦の他のイベントにも、今年ずっと応募し続けていましたが当選せず、当たると思っていなかった「サイクリング」に当選!本人は、はじめ「しんどそう・・・」と乗り気ではありませんでした。約40kmを5時間かけてサイクリングなんて出来るかな、と私も内心思っていましたが、「こんな機会ないよ!!ほら、アイス食べたりしながら行くねんて!楽しそう!」と声をかけると「うん。楽しそうかも!頑張ってみる!」と言いだした息子。それからは、「早く行きたいな~」とチラシを眺めては心待ちにしていました。当日集合場所で息子と別れがたい私をよそに、息子はスタッフの方にいろいろ説明していただき、早くも私など眼中になく楽しそうな様子にホッとしました。翌日、疲れた様子も見せずに「自転車で橋を渡ってサイコーに気持ち良かった!!40kmなんて余裕やった!!」とすがすがしく、そして、少したくましい表情でした。その後も、サイクリングの途中にハプニングがあったけど、仲間はそれを乗り越えたことを「すごいでしょ」と自分のことのように自慢したり、旅館でちょっぴり羽目を外したりした出来事を、楽しそうに私に話してくれました。親と一緒だったら甘えが出て、40kmもサイクリングなんてできなかったと思います。親から離れて集団で目標を持って過ごすことは、子供にとって本当に大切な経験で、子供の自信を育て、これから先の人生で起こるであろう色んなことに、自分たちで向っていく力を伸ばすことにつながるんだなって、親の私も学ばせていただきました。
出発する時は、少し緊張した表情で、こちらも「大丈夫かなぁ」と思いながら見送りました。が、バスから降りてきた子供の顔は日焼けし、隣には友達がいました。帰る車の中でも家に帰ってからもずーっと2日間の楽しい思い出を話してくれ、特に宿泊所で過ごした話は尽きることがありませんでした。知らない人、初めて会う人と話ができるかなと心配していましたが、心配無用でした。サイクリングは、天候に恵まれたおかげで、とても気持ち良く最後まで走ることが出来たようです。シーカヤックは、友達となかなか息を合わせることが難しく、苦労したと言っていました。一期一会のいい経験ができ、この経験から感じた事を来年から始まる中学生活に生かして欲しいなと思っています。
先日は、わんぱくサイクリングに参加させていただき、ありがとうございました。集合場所に行くまでは、知らない人ばかりの活動が初めての事で、親子共々不安と期待でいっぱいでした。集合してみると、少人数の班で各班に大人のリーダーがついて下さり、サイクリングでは尾道サイクリング協会の方のサポートもあることがわかり、手厚いサポート体制に安心して見送ることができました。迎えに行くと、ひと目で楽しかったんだなと分かりました。サイクリングでは、長距離を走る時のコツを教えてもらって、今までより格段に走りやすくなったそうです。今度は、尾道から今治まで70キロの距離にチャレンジする!と張り切ってます。(母さんも一緒にと言われたので、私も体力つけないと・・・)友達も出来たし、大満足です。六年生にして、初応募で当選できて、大変幸運でした。こんなに充実しているなら、もっと早くからいろいろ参加したかったです。今後の活動も期待しています。
今回、わんぱくサイクリングに当選して、とても楽しみにしていました。普段から、自転車には乗っているものの、あんまり体を動かすことは好きではなく、運動不足のため、私としては不安もありました。先日、テレビ放送でもサイクリングの様子を見ました。とっても楽しんでいた様子で安心しました。私は、実家が大三島で、息子が成長したらいつか一緒にしまなみ海道をサイクリングしたいとずっと思っていたのですが、なかなか実現できませんでした。今回、参加させていただいて、息子も今度はお母さんと一緒に行きたいと言ってくれたので、近いうちに、ぜひ実現させたいなと思っています。いままで、色々キャンプ等に参加していますが、本人は今回のサイクリングが一番楽しかったそうです。
今回応募させていただくにあたり、知らない子達との交流・・・しかも一泊という事で、母として心配しておりましたが、体験後はなんとも清々しく楽しそうに帰って来た息子を見て安心しました。一番の目的はサイクリングですが、それを通して得た初めての仲間との交流は何よりも得難い経験であったのではないかと思いました。家族でもアウトドアの経験は幾度かありますが、家族以外での仲間と経験する活動は、また違った刺激になり、とても良い想い出となったと思います。帰ってすぐに、今度は家族でもサイクリングに行きたいと申しておりました。スタッフの方々も沢山の子ども達をまとめ、楽しく時間を過ごさせて頂いた事・・・大変な事もおありだったかと思いますが、本当に色々とありがとうございました。
大変お世話になりました。長距離のサイクリングを心配していましたが、みんなと走るとあっという間だったようで、疲れも感じていない様子でした。リーダーさんにも良くしてもらったようで、話の中にもよく出てきました。まったく知った顔のない中での参加ですが、1泊2日では足りないぐらいで、中学生になってもないかなぁと帰ってきてすぐに行っています。企画もお世話も大変だと思います。ありがとうございました。本当に良い経験になりました。
初めてする事や経験した事のないことに対し、積極的に取り組めない子でしたが、今回参加させて頂き、最後まであきらめずにやりとげる達成感を味わえたのではないかと思っています。集合場所に着く直前まで「35kmも無理だよ、不安だな。」と言っていましたが、帰ってきた時は、とても自信に満ち溢れた顔をしていました。初めて会ったお友達とも、1泊2日という短い時間ではありましたが、仲良く過ごすことが出来たようで、とてもいい経験ができたのではないかと思っています。
この度は、わんぱく大作戦サイクリングに参加させていただき、ありがとうございました。息子は帰る道中、目を輝かせながら、サイクリングロード(しまなみ海道)の景色がきれいだったことや、ジェラートや自分で搾ったジュースが美味しかったこと、新しい友達ができたことや、万田酵素の大きなへちまに驚いたことなどなど、いろいろ話してくれました。そして「お父さん、今度は四国まで自転車で行きたい!」「お母さんは自転車は無理だから車でついてきてね」なんて、生意気なことを言っていましたが、本当に楽しいことが満載だったのでしょう。行きの集合時には、少し緊張していた子どもたちの顔が、帰ってきた時には、とても和やかな笑顔だったことが印象に残っています。この二日間、普段なかなかできない経験をたくさんさせていただけたことに感謝いたします。「息子に来年も行きたい?」と聞いたら「絶対に行く!!」と言っていました(笑)
この度は、わんぱくサイクリングに参加させて頂きまして、本当にありがとうございました。家族で自転車に乗って出かける時は、いつも自転車をこぐのが遅くて「疲れたー」と弱音を吐いていて、追いつかせるのがとても大変でした。それが、わんぱくサイクリングでは「すっごく早くこげた!!」「自転車こぐの余裕~♪」と自信を持って帰ってきました。そんな娘にびっくり!!たくましくなって帰ってきたな~と嬉しくなりました。
わんぱく大作戦プロジェクト2019 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2019  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社