• わんぱくスポーツトライアル 応募はこちら
  • わんぱくサイクリング 応募はこちら
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2015 わんぱく農業体験 第4回目
2015 わんぱく農業体験 第4回目・『保護者の感想』
農業体験全4回、大変お世話になりました。最終日の帰りには、もちきれない程のお芋とお米で大変おどろきました。本人も「堀ったイモを全部持って帰った。大きなスコップを使って掘るのが大変だった。」と自慢気に話してくれました。自分で植えて収穫したお米とお芋の味は格別だったようです。4回を通して、少しづつ班の仲間達とも仲良くなり、リーダーや友達に、もうなかなか会えないのは寂しいと話していました。きっと大人になっても心に残るようなすばらしい思い出になったことと思います。参加させていただいて、本当に良かったです。また、ぜひイベントに応募して参加させていただきたいです。
今回、この様な貴重な体験の機会を頂き、心よりお礼申し上げます。4日間という短い時間でしたが、お米やさつま芋が、育っていく過程を通し、色々学んだようで、他の野菜などにも興味を示すようになりました。また、スタッフの皆さん・リーダー・お友達と過ごした時間は、子供にとって本当に楽しく、充実した時間であり、お米やさつま芋と共に心に残る大切な思い出となったようです。色々な事に挑戦してみると、想像以上の経験と学び、思い出が出来るという事を、親子ともに実感させていただいた4日間でした。
この度は、農業体験というなかなかできない貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございます。なんといっても、たくさんのお芋を掘りあげた話をする娘の表情、ひとしきり「こしひかり」なんだよ!と、炊きあがって食べて、やっぱり「違うでしょ」「美味しいよね」と嬉しそうに自信満々の娘の言葉に、その経験は、本当に身となり、喜びにつながったのだろうなあと感じました。確かに、立派なお芋、美味しいお米でした!!また、言葉に出してはいませんが、作る育てる大変さを知り、(もともと小食な娘ですが)残さないで食べる気持ちが強くなった気がします。
このたび、貴重な体験をさせてもらえて感謝しています。毎度、土産話が楽しみでした。初めは名前も分からなかった班の子もすっかり仲良くなって、別れがとても寂しかった様子でした。出かけた時に、たまたま見つけた班の仲間に嬉しそうに話をしに行ってました。人とのつながりまでできて、本当にいい体験でした。持ち帰ったお米は、お世辞抜きで美味しくて、家族みんなでなんだかもったいないね!!と言いながらいただきました。お芋も、息子はそんなに好きではないのに、やはり自分達で育てたのもあったのか、たくさん食べました。農業と関わることのない中で、このような機会を与えていただき、本当恵まれていると思います。スタッフの皆様、本当にありがとうございました。いつかチームリーダーのお兄さんになりたいと言っていましたよ!!その日が来る事を願っています。
わんぱく大作戦プロジェクト2019 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2019  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社