• わんぱく自然体験ツアー 応募はこちら
  • わんぱく3×3 応募はこちら
  • わんぱくカヌーキャンプ 応募はこちら
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2015 わんぱく農業体験 第3回目
2015 わんぱく農業体験 第3回目・『子どもたちの感想』
かまを使って、稲を刈りました。稲をかまで刈るのはかんたんだったけど、土がやわらかく、バランスをとるのがむずかしかったです。10束ずつロープでまとめました。ロープの時はしっかりと結ばないといけなかったので、しっかり結びました。ギュッとしめるときに、力を入れたので、手がいたくなりました。わらでも、稲を結びました。わらは、くるくるとまいて、中に入れるのがむずかしかったです。まいたものを中に入れる時に、わらといねの間がなかったのでむずかしかったです。ポイントをちゃんと聞いて、けがをせずに稲刈りができました。
私は、第3回のわんぱく大作戦に行って思ったことは、わんぱく大作戦に行くには、抽選で当たった人しか行けないので、私が行けたのは、きせきだと思いました。発見した事は、カエルがいっぱいいて、とてもびっくりしました。感じたことは、農業はたいへんだなぁという事です。稲刈は、足がはまって動けなくなった時もありましたが。だけど、とても楽しかったです。第4回もはりきって行きたいです。とってもとっても楽しかったです。友達もたくさんできました。
めったにできない体験ができて、ワクワク楽しくできました。そして、友達もいっぱいできたし、なにより、たくさん稲をかることができました。1、2回やったことはあったけど、こんなに大きなところではなかったので、思っていたより疲れました。でも、自分でお米を作るのは、すごく楽しかったです。いろんな人と友達になれて、すごくうれしかったです。そして、疑問があります。どうしてカエルがあんなにいたのか知りたいです。後、土がふつうの土とはちがって、うつわなどが作れそうでした。自分自身あまり手伝いなどしないけど、すごく楽しかったです。本当にありがとうございました。
稲刈をする時に、のこがまに注意をしながら稲をかるとき「サクッ」という音がしたので、たくさん刈りました。落ちている稲を拾う作業で、たくさん稲が落ちているのに、みんな拾わないので、たくさん稲を拾いました。2束は拾いました。
3ヶ月ぶりに友達とも会い、さつまいもも成長していました。いねかりは、けがをしないかなと心配だったけれど、だんだんと楽しく、さっさといねかりができるようになりました。束をひもで結ぶとき、1人だとむずかしくて、2人じゃなきゃ大変だったけど、なれるごとに1人で結ぶ事ができました。今回の農業体験で、なれるごとにいろいろな事ができ、とても楽しかったです。
わんぱく大作戦プロジェクト2019 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2019  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社