• わんぱくスポーツフェア
  • わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2015 わんぱく農業体験 第1回目
2015 わんぱく農業体験 第1回目・『保護者の感想』
年齢が大きくなるにつれ、クールになりつつあった息子。久々にいきいき弾丸トークをしてくれ、主人とびっくり。この体験に参加させて頂き、改めて色々な経験をする事の大切さを実感しました。田植えについて、学校で学びを終えていた事もあり、田植えを実践できた事が本当に嬉しくプラスの学びもたくさんあったようです。初めて出会ったお友達と、共に協力して過ごした1日も、大変楽しかったようです。大変良い経験をさせて頂いております。残る3日間、今度はどんな弾丸トークが聞けるかとても楽しみにしております。
今回独断で応募しました。田植えの体験はもちろん、初めて出会う同年代と、どうコミュニケーションをとって帰ってくるだろう、どう社会性を学んで帰って来てくれるかを期待していました。朝集合場所での顔と、帰りの表情が違うことに安心しました。「楽しかった」の様な感想しか言わない息子ですが、きっとこの4回を通して、たくさんの心が育っていってくれたらいいなと思います。
出発する時は、初参加しかも1人での参加だったので、かなり緊張した様子でしたが、帰ってきた第一声が「すごく楽しかった!」でした。帰ってからも、バスの中のゲームの話、田んぼでのカエルの話、お弁当のたけのこがすごくおいしかったと、話がとまりませんでした。大浴場での、みんなでの入浴も、友達と打ち解けるきっかけとなり楽しかったようです。仲良くなった友達と次回に会えるのを楽しみにしているそうです。リーダーの方や看護師さんに、細やかな声をかけていただき、安心して参加させることが出来ました。ありがとうございました。
少し心配して送り出しましたが、帰ってきて1言目は「楽しかった~♪」でした。田植えの事や友達になった同じ班の子の話、リーダーのお兄さん・お姉さんの話、本当にいろいろな事を聞かせてくれました。学校や普段の生活では経験できない事を経験できて、とてもうれしかったようです。少し不安もありましたが、行かせてよかったと思いました。親が思っている以上に子供は成長しているし、そこまで心配しなくても大丈夫なんだなと思い、もっと信頼してあげなくてはいけないと反省できました。次回もとても楽しみにしています。
1人で新しい事へ挑戦したいという息子の想いで応募しました。当選が分かった時、本人は大喜びでした。前日も楽しそうに準備をし、早く就寝しました。当日も朝早くから起きて、早めに広島駅へ行きました。いつも兄と一緒だったので、私は不安や心配がありましたが、本人は全くそんなことなくニコニコと!班ごとに分かれてすぐ同じ班の子と話している我が子を見て安心したし、なんだかとっても頼もしく見えました。解散後の土産話は止まらず、泥んこの服を一緒に洗いながら楽しく聞かせてもらいました!お友達もでき、スタッフの皆さんにもかわいがって頂いたみたいで、息子の笑顔が全てを物語っていました。ありがとうございました。次回を待ちわびています。元気にそろって・・・そして第1回目のように晴天に恵まれますように!!
先日は、農業体験に参加させていただき、ありがとうございました。田植え体験が楽しかったらしく、ひんやりと足に感じる感覚が良かったと言っていました。また、自分で田植えをしたことがない為、一つ一つ手で植えてお米ができているということにも感動していました。大きくなるのが楽しみ!!と期待をふくらませていました。なかなか農業体験をさせてあげることができないので、今後も期待しています。
娘が学校から、わんぱくのチラシを持ち帰り「参加したい」と言ってきた時は正直不安でした。一人で祖父母宅に泊まったこともないのに、初対面の人達と長時間バスに乗り、一日中団体行動を共にするなんて大丈夫だろうかと。ですが、案ずるより生むがやすしですね。出発時は多少不安そうにしていた娘の、帰ってきた時の満面の笑顔といったら!本当に充実した様子で、家族も嬉しくなり、矢継ぎ早に娘に質問攻めでした。親もやった事のない田植えの話を聞くのは、大変興味深かったですし、おたまじゃくしや、とんぼがいた事、田んぼに入った時初めは歩きにくくて転倒しそうになったこと、皆で入浴したこと、リーダーの上着を見つけて、喜んでもらえたこと等々、他人様からしたら他愛のないことかもしれませんが、あんなに会話のはずんだ夕食の席は珍しいものでした。意気揚々と話す娘の姿を見て、不安は全くなくなりました。社交性を養い、人との対話を大切にする人間になれる貴重な体験かと感じました。グループの子ともすっかり打ち解けていたようですし!!(名前を忘れていたのには笑ってしましましたが・・・。)次回もよろしくお願い致します。
親の私が涙ぐむくらい、キラキラした顔で帰ってきたので、嬉しかったです。解散してから寝るまで、ずっとしゃべり続けていました。泥だらけの男の子の話、女子で盛り上がったお風呂の話、同じ班の子の個人情報(笑)にいたるまで、本当に心から楽しんでくれたのだと思いました。2才年下の弟が「いいなぁー、ぼくもはやく行きたいなー。」とずっとうらやましがって話をきいていました。
わんぱく大作戦プロジェクト2018 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2018  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社