• わんぱく大作戦
  • わんぱく大作戦
  • わんぱくクイズ


参加者の感想
2018 わんぱくサイクリング
2018 わんぱくサイクリング・『保護者の感想』
この度は、わんぱくサイクリングに参加できましたことを、とても嬉しく思っております。一人っ子で、はにかみ屋の息子が、35キロのサイクリングに挑戦し、班で行動したことやリーダーから明るい笑顔の優しい指導を受けたことや、お昼ごはんやおやつの最高に美味しかったことや、慣れない自転車で坂道は大変だったけど、素晴らしい景色や空気に触れながら、みんなと頑張ったことなど、具体的に楽しそうに話してくれました。この経験がチャレンジ精神を養い、将来きっと何かの役に立ってくれるであろうと確信いたしました。また「他のわんぱく大作戦にも挑戦したい!」と、目を輝かせながら訴える姿には、チャレンジャーの意気込みを感じたところです。普段おとなしい息子が、この素晴らしいイベントで成長できたことに、家族みんなで喜んでおります。本当に有難うございました。心より感謝いたします。
先日は、朝早くから夜遅くまで1日大変お世話になりました。 今回このように沢山の方々と共にサイクリングを通して楽しかった事、挑戦出来た事、出発時とはまた違う顔で、また一つ大きくなって帰って来たようでした。ほんとに楽しかった!とサイクリングの話は勿論、美味しいはっさく大福やケーキ食べた話や海に行ったこと等教えてくれました。色々な出逢いに感謝致します。スタッフの方々、ありがとうござました。
TVCMを見て興味を抱き、本人が希望したので応募させていただきました。バレーボールをやっており、体力的には心配していませんでしたが、普段、自転車に乗ることはほとんどなく、35キロもの距離は迷惑かけないかと不安でした。ですが参加申し込みをきっかけに、団地の周囲を自転車に乗って走るなど準備をして、当日のわくわくした表情は、本当に楽しみにしていることが伝わってきました。迎えにいった時も、リーダーにくっついて無邪気な笑顔を見せていたのを見て、参加させて本当によかったと思いました。その日の夜は、サイクリングでの出来事をどれだけ楽しかったか話してくれました。親の知らない一面に驚き、子供の成長を頼もしく感じました。小学時代の良い思い出になりました。子供の挑戦をサポートしていただきありがとうございました。
以前から「わんぱく大作戦」でサイクリングを企画されていることを知っておりましたので、子どもが5年生になったら是非参加させたいと思っていました。当選の通知をいただいた時には、先ず私(母親)が喜んだくらいです。元々子どもは自転車に乗ることが好きなのですが、学区内も道路が狭く、また子どもだけでうろうろするには危険な個所もあります。又、この夏は地域が水害に遭いましたので、自転車に乗って出かけることもできませんでした。ですから、今年は特に思いっきり長距離をこいで、サイクリングの楽しさを味わってほしいと思っていました。当日の朝は「今日はサイクリングだ!」と飛び起きました。体力はある方なのですが、根性が今一歩という性格なのです。でも大好きな自転車に乗れるということで、そこの不安は一切ありませんでした。帰ってから、「気持ちよかった!」と感想を話しておりました。その夜、一緒に地図を広げてどこを通ったのか見ました。いくつもの島々をつなぐ橋を渡りついで尾道から今治まで自転車で行ったということに子どもは改めて驚き、「こんなに長い距離を走ったなんて、思えんよ~」とこの日頑張ったことのすごさを実感していました。家族ではなかなか出来ない経験をさせていただき、ありがとうございました。
大変お世話になりました。広島駅で迎えた時の表情は、どこか自信に満ちていて、ひとまわり成長したなぁと感じました。疲れたと言いながらも、一日の感想や出来事など、嬉しそうに伝えてくれて、私の方まで嬉しくなりました。家ではできない貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
釣り、自然体験と応募し一番行きたかったサイクリングに当選し、本人とても喜んで参加しました。CMが魅力的で、大きくなったら「応募して、絶対行く!!」と言っていました。(念願のサイクリングでした)長い距離のサイクリングは、はじめてでしたが、走り切った事で達成感、自信につながった事と思います。初めて会う人たちと現地につくまでのバスの距離が長く感じるのではと送り出しましたが、クイズがあったよ!!帰りは…とサイクリング以外の事も報告してくれ、楽しい一日になった様です。良い企画に参加させて頂き、ありがとうございました。同行して下さったスタッフの皆様、ありがとうございました。
今回子どもがチラシを持って帰り、これに行きたい!と言った時、35㎞も自転車で走れるのか?という心配と、初めて会う人達の中で1日過ごせるか?という心配がありました。娘の通う小学校は、全校生徒60人足らずの少人数で、普段と違う環境、たくさんの初めて会う子どもとの活動は、小学校では味わえない事の連続だったと思います。朝少し緊張した表情でしたが、夕方迎えに行った時の笑顔で充実した時間を過ごしたんだなと感じました。帰りの車で、お昼に食べたものや、同じ班の子の事、リーダーのお姉さんの話を聞かせてくれました。体力面もですが、心の成長を大きく感じました。本人にとっても良い思い出になり、なにより自信になったと思います。良い経験をありがとうございました。
5年生になってからCMが流れると“参加したい!!”と言ってこれまでに数回申込をしましたが抽選にもれ、ようやく念願かなって参加させて頂きました。自転車に乗る事は大好きですが、日頃は学区内の走行程度でしたので体力をつけようと!?(父親が使っていた)エアロバイクに毎日20分乗って本番に備えました。サイクリング中に転倒アクシデントがありましたが、泣かなかった事と、巻き込んだ仲間を気にかけた話を聞きました。参加した経験でずいぶん成長して帰った気がします。「これから先、しまなみ海道をドライブする事はあってもあれだけのサイクリングは経験できん!!よかった」と笑顔で言っていました。本当に貴重な経験をありがとうございました。
今回、子どもが自ら「やってみたい!!」と言って応募いたしました。普段から何かにチャレンジしたいと言う事が少ないので親としてもとても嬉しく思い応募させていただきました。初めは、ドキドキしていた様子でしたが、ゴール後の集合場所で見た子どもの顔はとても、やりぬいた満足感や自信にあふれた笑顔で、全く疲れた顔などしていませんでした。今回のチャレンジを達成できた事をいつも心にとどめておいて、これからももっとたくさんの事にチャレンジして、もっともっとわんぱく男子になってほしいと思います。見守ってくださった関係者の皆様、お世話になり本当にありがとうございました。
わんぱく大作戦プロジェクト2018 協賛
■主催 わんぱく大作戦プロジェクト2018  【お問合せ】 わんぱく大作戦事務局 TEL082-255-0331(平日9:30~17:30) FAX082-255-0099
■後援 広島県 広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 広島県医師会 広島県歯科医師会 広島県薬剤師会 広島県看護協会
(一社)広島県子ども会連合会 広島市子ども会連合会 広島県PTA連合会 広島市PTA協議会 中国新聞社