釣りごろつられごろ

放送日:土曜 午前 11:25~11:40
日曜あさ6:45~ 再放送中

20/04/11放送 No.#2191 「春の訪れ!広島春の風物詩!筏カレイ」 ~広島県・江田島沖~

今週の釣りごろつられごろは、シーズン突入、春のカレイ釣りをご紹介します。釣り場は広島湾に浮かぶ、江田島沖のカキ筏です。エサが豊富なイカダの周辺は四季を問わず、チヌやマダイなどの魚影が濃く、絶好の釣り場。3月中旬から4月にかけて、待ちに待ったカレイのシーズンがやってきます。
釣り方はL型天秤にアンドンカゴにカレイ専用マキエを詰め、サシエは本虫と青虫のミックスがけ。筏の周辺から真下に投入してアタリを待ちます。この釣りの特徴は何といっても竿の数。広範囲でカレイを探るため、1人5~10本の竿を用意します。この日は序盤からいきなりヒット。幸先の良いスタート!かと思われましたが、その後はアタリが止まってしまいます。まだ活性がそれほど高くないのか、エサも残ったまま。それでも様々なポイントから仕掛けを投入し、粘り強くアタリを待ちます。すると再びカレイらしきアタリが!どうやら限られた場所で反応が多くあるらしく、そこが狙い目とポイントを見抜いた釣り人。コンスタントにカレイを釣り上げていきます。難しいテクニックは必要なく、初心者や女性でも楽しめる広島春の風物詩、筏のカレイ釣り。是非ご覧ください。

釣果

カレイ11匹(25~32cm) 他

取材場所
広島県・江田島沖カキ筏
取材日・出船時間・出港
2020/03/23 07:00 広島県江田島市 中田港
問い合わせ(釣具店・渡船)
(1)マルケン渡船 (2)かめや釣具 総本店 TEL(1)090-6436-5285 (2)082-581-3222
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!