釣りごろつられごろ

放送日:土曜 午前 11:25~11:40
再放送:日曜 あさ 6:45~7:00

19/06/22放送 No.#2150 「名人技に迫る!筏からのチヌ釣り」 ~広島県江田島市・大黒神島沖~

今週の釣りごろつられごろは、カキ筏からのチヌ釣りです。
ダンゴ釣りとフカセ釣り、それぞれ名人に登場頂き魅力を探ります。
関西からは、ダンゴ釣りの名人、工藤昇司さん淳子さんご夫婦が一流の腕を見せてくれます。広島からは、宮田さん、木村さん、沼田さんが、本場の技で大物チヌを狙います。
釣り場は、江田島市の鹿川港から10分程で行ける大黒神島沖のカキ筏。乗っ込み時期には40~50センチ級の大物が1人二桁は狙える、広島湾でも最高のチヌポイントと
言われています。この日は快晴、無風で潮も良し。場所も釣り人の腕も文句なしという
最高のコンディションの下、40センチオーバーが続けて釣れるという快調な状況が続きます。一番の見所は、ダンゴ釣りでは第一人者、工藤昇司さんの釣り技です。エサ盗りに応じたエサの使い分け、潮の状態に合わせたダンゴの握り方、どれも豊富な経験に裏打ちされた納得の行く技ばかりです。特に50センチの大物を仕留めた時の、剣の達人を思わせる鋭いアワセ、体全体を使ってチヌの強い引きをいなしながら自分のペースに持って行く竿捌き等々、必見ポイント満載の内容でお送りします。

釣果

チヌ:7匹(42~50cm)

取材場所
広島県江田島市大黒神島沖カキ筏
取材日・出船時間・出港
2019/05/13 07:00 広島県江田島市能美町 鹿川港
問い合わせ(釣具店・渡船)
マルケン渡船 TEL090-6436-5285
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!