釣りごろつられごろ

放送日:土曜 ひる 11:25~11:40
再放送:日曜 あさ 6:45~7:00

18/04/14放送 No.2089 「広範囲を狙え!広島湾の花見ガレイ」 ~広島県広島市・弁天島~

今週の釣りごろつられごろは、カレイの投げ釣りをご紹介します。この時期のカレイは産卵を終えて体力回復が必要で、エサを捕食するため浅瀬に集まります。そのため、大変釣りやすくなります。絶好の花見ガレイシーズン突入です。
今回の取材で向かったのは広島市内から手軽に行ける釣り場、広島湾に浮かぶ弁天島。港から15分ほどで到着しました。弁天島は護岸と磯の両方の釣り場があり、釣り人は二手に分かれます。
釣り人たちは竿を1人4~6本出して50~100mを遠投し、投入点を広範囲に狙い分けます。また、カレイは群で行動するため、広範囲に群を探るのが釣果を上げるポイントです。
この日の序盤はカレイの反応が全くありませんでした。釣れるのはアイナメやトラギスだけ。本命が姿を現しません。釣り人たちは場所を移動したり、投入点を変えたりと工夫を凝らします。そして、釣り開始から4時間。満潮が近づいた頃、エサに食いついたのは重量感のあるカレイ!リールを巻いても首を振らない反応にすぐカレイだと分かります。しかも海面から姿を現したのは、予想以上の大物、38センチのカレイ!釣り人は待った甲斐があったと喜びを爆発させました。
その後も試行錯誤を繰り返し、懸命にカレイを狙う釣り人たち。果たして、どこまで釣果を伸ばせるのか?

釣果

カレイ:4匹(31.5~38cm)

取材場所
広島県広島市南区弁天島
取材日・出船時間・出港
2018/04/01 05:30:00 広島県広島市中区南吉島 ボートパーク広島
問い合わせ(釣具店・渡船)
大河フィッシング TEL090-2094-2391
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!