釣りごろつられごろ

放送日:土曜 ひる 11:25~11:40
再放送:日曜 あさ 6:45~7:00

18/03/24放送 No.2086 「春はすぐそこ!瀬戸内のカレイ釣り」 ~広島県・江田島湾~

今週の釣りごろつられごろは、カキ筏からカレイを狙います。
カキ殻の周辺には魚のエサとなるエビなどが多数生息し、チヌやメバルの楽園となっています。そして3月頃からはカレイの群れが集まり、花見ガレイのシーズンが始まります。筏釣りは投げ釣りと比べて多くのカレイが釣れる魅力があります。しかし、今年は寒波による記録的な水温の低下により、カレイの活性が低い状況です。例年より1ヶ月ほどカレイの釣れる時期が遅れており、船長は釣り人を案内する筏に悩みます。
午前7時に筏に上がり、釣り開始。まずはカレイ専用マキエをカゴに入れて海底に落とし、群れを寄せます。そして竿を筏の四方八方に投げてアタリを待ちます。しかし、仕掛けを上げてみるとカゴの中のマキエは残ったまま。この日の潮は長潮で底潮が動いてくれないため釣り人たちは苦しみます。そんな状況でも釣り人たちは小まめに生きの良いサシエに変えたり、潮目に仕掛けを投入してみたりと最善を尽くし、なんとかカレイを釣り上げていきます。納竿時間に近づき、カレイが釣れていないのは女性釣り師ただ一人。全員釣り上げることは出来るのでしょうか?

釣果

カレイ5匹(22~27cm)他

取材場所
広島県江田島市沖・カキ筏
取材日・出船時間・出港
2018/03/12 06:30:00 広島県江田島市 中町港
問い合わせ(釣具店・渡船)
マルケン渡船・かめや釣具 総本店 TEL090-6436-5285・082-581-3222
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!