釣りごろつられごろ

放送日:土曜 ひる 11:25~11:40
再放送:土曜 あさ 5:45~6:00

18/02/10放送 No.2080 「シーズン先取り!筏からのカレイ釣り」 ~広島県・宮島沖~

今週の釣りごろつられごろは、筏からカレイを狙います。
多くのカキ筏が並ぶ宮島沖。そのカキ筏周りの海中には、カキ殻についていた虫などが多く溜まり、カレイにとってはエサの宝庫。カレイは産卵に向け初春に浅場へと移動しエサを求めて筏へ集まってくるのです。
午前7時、釣り人たちは船に乗りカキ筏へ向かいます。その道中、船長から最近はカレイの活性が低いと聞き、釣り人たちはチャレンジする気持ちで筏に上がりました。朝の気温は1度。筏には霜が降り、海霧が発生しています。
この釣りの特徴は、多くの竿を出すこと。この日も3人で20本程の竿を筏の四方八方に出してカレイを狙います。数が多いだけに、こまめにエサや仕掛けの点検、竿をあおって誘いをかけることが大切。しばらくすると続々とカレイが釣れ上がり、厳しい状況だと思っていた釣り人たちは安堵の表情を浮かべます。そのカレイが釣れた場所は一ヵ所に集中しており、群れのいる場所が判明。そこへ竿を集めてさらに釣果を伸ばします。ポカポカ暖かな釣り日和にのんびり楽しむカレイ釣りをお楽しみに。

釣果

カレイ9匹(18~23cm)

取材場所
広島県廿日市宮島沖カキ筏
取材日・出船時間・出港
2018/01/21 07:00:00 広島県大竹市 玖波港
問い合わせ(釣具店・渡船)
大知渡船 TEL0827-57-7526
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!