釣りごろつられごろ

放送日:毎週土曜 あさ 10:55~11:10
再放送:毎週日曜 あさ 6:45~7:00

15/09/19放送 No.1958 「タイラバで絶好調!瀬戸内のマダイ釣り」 ~愛媛県今治市沖~

今回は、今がシーズン真っ盛りのマダイ釣りを紹介します。
釣り場は、愛媛県の今治市の沖合。マダイ釣りの穴場的な場所になっていて連日のように40~50匹釣れており、中には80センチ級も混ざるなど、型・数とも申し分のない釣り場です。
釣り方は、鯛ラバ(鯛ラバージグ)仕掛けを底に落としたらすぐにリールで12回程巻き上げて、また底に落とすという繰り返しです。マダイの活性によって巻き上げるスピードに若干変化をつけますが、初心者でも簡単にできる手軽な釣りです。
水深は25~35m、砂地に藻が点々とある広い場所をゆっく流すので、根がかりはほとんどなく、のんびり釣ることができます。この日は雨で風も若干あるあいにくの天候でしたが、釣り人にはアタリがある事が一番。朝から順調に良型のマダイが上がって一日中船上はにぎやかでした。簡単な動作を繰り返す釣りですが、気をつけないといけないポイントが一つだけあります。それは、アタリがあっても驚いて急いであわせたりしないこと。マダイがタイラバを追いかけてしっかり食い込むまで、同じ速さでリールを巻き続けないといけません。完全に食い込んだと思ったら軽くあわせを入れてポンピングせずにそのままゆっくり巻き上げます。急な強い引き込みには、ドラグで対応します。
ドラグは、40センチ以上の大物の引きがあるとラインが出るように調整してあります。
この日の釣りでは、再三ドラグが威力を発揮するような大物マダイがあがってきます。
そんな中、納竿間際に船の先端で釣っていた釣り人に強烈な引きが…必死でこらえて仕留めたのは、73cmの見事な大鯛でした。

釣果

マダイ:20匹(25~73cm)
チヌ:2匹
ホウボウ:8匹
コチ:3匹

取材場所
愛媛県今治市沖
取材日・出船時間・出港
2015-08-31 06:30:00 広島県尾道市瀬戸田町「垂水港」
問い合わせ(釣具店・渡船)
ひでまる TEL090‐8999‐1035
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!