釣りごろつられごろ

放送日:毎週土曜 あさ 10:55~11:10
再放送:毎週日曜 あさ 6:45~7:00

15/02/28放送 No.1929 「まさにドラマ!手に汗握る真冬のマダイ釣り」 ~愛媛県松山市・鴨背島~

今週の釣りごろつられごろは、磯からのフカセ釣りでマダイを狙います。
この時期のマダイは、水温の低下と共に活性が下がり、1年を通して最も釣り辛い状況。難しい状況の中で釣り上げるマダイは、非常に価値ある1匹となります。そしてなにより釣り人の腕の見せ所であり、厳しい状況であればあるほど、気持ちを奮い立たせるのです。
午前6時半に山口県大島郡周防大島町の伊保田港を出船し、船を走らせることおよそ20分。
向かったのは、愛媛県松山市の沖合に浮かぶ、鴨背島です。午前7時半に釣り開始。マキエのオキアミを撒き、仕掛けを投入していきます。しかしこの日は、潮の流れが速く、思うような釣りが出来ない状況。いきなり苦戦を強いられます。試行錯誤を繰り返す釣りが続き、開始から4時間が経過。ついにアタリが!掛かった魚を逃さないよう慎重に竿をコントロールして、魚を浮かせていきます。海面に姿を現したのは本命のマダイ。サイズも55cmと良型です。ようやく1匹目を釣り上げ、安堵の表情がこぼれる釣り人。こうなると2匹目、3匹目と期待が高まりますが、その後もアタリはなく、刻々と終わりの時間が迫っていきます。我慢の釣りが続く中、徐々に焦りも見え始めます。納竿間近となり、諦めかけていたその時!アタリを感じとりアワセを入れた釣り人の竿が、グッとしなり海面へと引き込まれていきます。これは大物の予感。一気に釣り場が賑やかになります。やっと掴んだ“最後”のチャンスを確実にモノにしたい釣り人。根に入られないよう、慎重にやり取りをします。徐々に魚を浮かせていきますが、なかなか姿を現しません。釣り人と魚の長い駆け引きが続きます。手に汗握る攻防の末、ようやく海面に姿を現したのは…70cmを超える、美しい色をした見事なマダイでした。
興奮間違いなしの、真冬のマダイ釣り。ご期待ください!

釣果

マダイ:2匹(55cm・72cm)

取材場所
愛媛県松山市・鴨背島
取材日・出船時間・出港
2015-01-24 06:30:00 山口県大島郡周防大島町・伊保田港
問い合わせ(釣具店・渡船)
ブラックゼウス TEL090‐8717‐4957
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!