釣りごろつられごろ

放送日:毎週土曜 あさ 10:55~11:10
再放送:毎週日曜 あさ 6:45~7:00

15/02/07放送 No.1926 「浮かせて釣れ!のべ竿で狙う磯メバル」 ~山口県熊毛郡・上関町~

今週の釣りごろつられごろは、瀬戸内のメバルを磯からのエビ撒き釣りで狙います。
エビ撒き釣りは、海底でじっとしているメバルを浮き上がらせて釣る方法です。好物のエビを少量ずつ撒くことでメバル同士を競わせます。仲間に遅れを取られないようにするため最終的には水面まで浮いてきます。浮いてきたメバルを釣るので、100匹を越えるような釣りになることもあり、数釣りを楽しむことができます。そして今回はのべ竿を使って釣りをします。のべ竿は、竿先に糸を結び、魚を釣るシンプルな仕掛け。魚とのやりとりをダイレクトに楽しむことができ、魚釣りの原点ともいえる非常に魅力のある釣法です。
今回はマキエにモエビとタエビ。サシエにはモエビを使用します。
午前7時に山口県熊毛郡平生町の小森港を出船し、向かったのは山口県熊毛郡上関町の長島の沖磯です。午前7時半釣り開始。まずはマキエとなるエビを撒きメバルを寄せていきます。
この日は風もなく海もベタ凪の状態で、メバルを狙うには絶好の天候状況です。
開始直後、早速アタリが!サイズは小さいですが、コンスタントにメバルを釣り上げていきます。爆釣タイムに突入すると思われましたが、ここで一旦アタリがピタリと止まってしまい、釣り場を変えることに。
次に向かったのは同じく山口県熊毛郡上関町にある横島の通称「シズミ」と呼ばれる場所。
開始直後はアタリがありませんでしたが、徐々にマキエが効いてきたのか再び浮きあがってきたメバルを、コンスタントに釣り上げていきます。釣り人達は手返し良く釣りを続け、順調に釣果を伸ばしていきますが、こうなると狙うは20cmを超える良型のメバル。果たして、良型のメバルは姿を現すのか?そして、この釣りの魅力は初心者からベテランまで幅広く楽しめる事。のんびり釣りをするもよし、本格的に狙うもよし。今後も期待できるメバルのエビ撒き釣り!ぜひ、放送をご覧になりお試しください!

釣果

メバル:80匹(15~20cm)
タナゴ:数匹
ベラ:数匹

取材場所
山口県熊毛郡上関町 (1)長島 (2)横島(シズミ)
取材日・出船時間・出港
2015-01-18 07:00:00 山口県熊毛郡平生町・小森港
問い合わせ(釣具店・渡船)
手島フィッシング ASUKA TEL090-3638-0905
バックナンバーはこちら

釣りごろつられごろオリジナルキャップ

今が旬!釣りごろチェック!