広島ニュースTSS

呉市の死体遺棄事件 女性遺体の身元判明

10/13(金)  19:48 掲載

2人の間に何があったのでしょうか。きのう、呉市倉橋町の住宅で、福山市の男の供述から女性の遺体が見つかった事件で、女性は奈良県に住む35歳の飲食店店員だとわかりました。きょう、検察庁に身柄を送られた福山市の飲食店店長・染井俊一容疑者(37)。染井容疑者は呉市倉橋町の親類の家に女性の死体を遺棄した疑いで逮捕されていました。事件は今月5日に女性の家族が警察に行方不明届けを出し、最後に会っていた染井容疑者が捜査線上に浮上し発覚したものです。その後の調べで、遺棄された女性は奈良県斑鳩町の田島友美さんと判明しました。田島さんは、おととしまで染井容疑者が店長を務めていた奈良県内の飲食店の店員だったということです。染井容疑者は「遺棄したことに間違いない」と容疑を認めていて、警察は詳しい経緯を調べています。