TSSみんなのテレビTSSスピークFNN

マツダ3列シートSUV 新型「CX-8」発表
2017年 9月14日(木)
ミニバン市場から撤退する方針を示しているマツダは、3列シートの新型SUV=多目的スポーツ車の『CX‐8』を、14日発表しました。マツダが発表したのは、SUVの国内最上位モデルとする新型車『CX‐8』です。好調が続くSUVのラインナップの中でも、マツダは国内向けとして初めて最大7人乗りが可能な3列シートを採用。走り心地とデザインを楽しみながら運転できる多人数乗用車の新たな選択肢を提案したとしています。マツダの小飼雅道社長は、「CX‐8によりマツダはミニバンに変わる新たな市場の創造に挑戦します。この車によりお客さまに新たな選択肢を提供できるようになりました」と述べました。マツダが、国内で新車を投入するのは2015年の『CX‐3』以来、約2年ぶり。ミニバン市場から撤退する方針のマツダは、得意とするSUVに特化した上で、ミニバンを好む客層も取り込みたい考えです。スライドドアは採用されていませんが、身長170センチメートルの大人が3列目にゆったり乗れる設計で、最上位モデルには室内に木製のパネルを施すなど落ち着ける空間を目指しています。『CX‐8』は、14日から予約を受け付け、販売開始は12月から。マツダは海外展開やガソリンエンジンの採用については今後、検討するとして、月間1200台の販売を計画しています。