TSSみんなのテレビTSSスピークFNN

海難事故防止を呼びかけ 園児が「一日海上保安官」
2017年 7月16日(日)
あす「海の日」を迎えるのを前に、きょう子供たちが『一日海上保安官』に任命され、フェリーの利用者などに海の安全を呼び掛けました。
広島市南区の広島港・宇品旅客ターミナルでは、谷の百合幼稚園の園児と保護者5組が『一日海上保安官』に任命されました。きょうから全国で一斉に始まった「海の事故ゼロキャンペーン」の一環で、園児たちは早速、フェリーの乗客や乗組員に海難防止を呼びかけるうちわなどを桟橋で配りました。
ここ5年間に発生した船の事故はおよそ半数が「衝突」や「乗り上げ」で、その多くは「見張りの不十分」が原因だったということです。
海上保安部では、今月31日までのキャンペーン期間中、パトロールや講習会などを通して、「海の事故」防止を呼びかけます。