TSSみんなのテレビTSSスピークFNN

全国学力学習状況調査 県内でも実施
2017年 4月18日(火)
すべての小学6年生と中学3年生を対象にした『全国学力テスト』が、広島県内の小・中学校でもけさから行われています。広島市中区の竹屋小学校では、小学6年生の児童44人が学力テストに臨んでいます。この『全国学力テスト』は児童や生徒の学力を把握・分析するために2007年から行われています。県内では公立の小学校480校と中学校241校で実施され、およそ4万6000人が参加しています。去年、広島県は小学校ではすべての教科で、中学校でも数学の基礎・基本を除いて全国平均を上回りました。竹屋小学校の堀井俊宏校長は「客観的に我々の取り組んでいることを把握することができるのではないか。それをもとに我々の教育活動の見直しということに大変役立っているという風に考えています」と話していました。テストの結果は8月下旬に発表され、今後の学習指導に役立てられます。