広島ニュースTSS

新型コロナ協力支援金 県が申請期限を延長

05/22(金)  19:40 掲載

新型コロナウイルスの感染対策で、先月22日からの休業要請に協力した事業者に支給する、支援金の申請受け付け期間が1週間延長されることになりました。

休業などに協力した事業者に10万円から最大50万円まで支給される県の支援金は先月30日から受け付けが始まり、今月20日までに1万2891件の申請があったということです。
県によりますと依然として1日当たり500件程度の申請があり、対象の事業者は2万数千件に上ると見込んでいて、県は当初、来月1日としていた申請期限を8日まで1週間延長することを決めました。

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook