広島ニュースTSS

男子ハンド「ワクナガレオリック」児童に体験授業

10/23(水)  19:30 掲載

広島で活躍するトップアスリートたちが小学校を訪問し、直接、子供たちと触れ合いながら体験授業を行いました。

広島市立白島小学校を訪れたのは、ハンドボールの男子実業団チーム、『ワクナガレオリック』の選手3人で、授業には児童70人が参加しました。
選手たちは最初に、パスやシュートの手本を交えながら、分かりやすく教えていきます。
【授業風景】
「親指と小指で持って、最後に指で押してあげる」
トップレベルの「技」を目の前で見た子どもたち。ハンドボールは全員初めての経験でしたが、徐々にボールの扱いに慣れていきます。
基本的な動きを学んだ後は、選手と一緒にミニゲームに挑戦!みんなで必死にボールを追いかけ、グラウンドには大きな歓声が上がっていました。
【授業を受けた児童は】
「初めてやって、すごく楽しかったです」
「(選手と)あまり触れ合う機会がないから、嬉しかったです」
「(休憩時間に)友たちと一緒にやりたいと思いました」

直近のニュース

全力応援!カープファームチャンネル

広島県警察 公式Facebook