広島ニュースTSS

カープ日南キャンプ ニューフェイス2人に初ヒット

02/12(火)  19:40 掲載

カープ主力組の日南キャンプは、13日が打ち上げ、12日は実戦打撃であの2人に初ヒットが飛び出しています。

青空の下、暖かい1日となったきょうの天福球場。菊池は11日の紅白戦でキャッチャーからの送球が直撃し、右足首の打撲という手痛いアクシデント。
朝のアップには姿を見せたものの、残りの練習には一切参加せず、大事を取ることになりました。
さて、練習は午前中からシート打撃が行なわれ、昨シーズン最多勝の大瀬良が初登板。
打者10人に対し29球を投げ、被安打2と安定したピッチングを見せました。
その大瀬良から、ヒットを放ったのが、この人、ゴールデンルーキー小園です。
ツーボールツーストライクからの5球目。
うまく合わせた打球はセンター前へ。
実戦形式で初のヒットをエース大瀬良から放ちました。
【小園選手】
「先輩方のすごいピッチャーの打席に立ったのが一番よくて、結果も出せましたし、このまま満足することなくやっていきたいなと思います」
今シーズンも先発ローテーションで活躍が期待されるジョンソンもシート打撃に登板し、こちらは、圧巻のピッチング。
鈴木誠也やバティスタから三振を奪うなど、上々の仕上がりを見せてくれました。
【ジョンソン投手】
「ここまでは正しい方向にいっています。非常に順調にキャンプが進んでいます。シーズンに向けてのトレーニングなので、いつものルーティンをこなして、今年も順調にトレーニングできています」
そんなジョンソンからヒットを放ったのは日南でも大人気の長野。
打球がライト前へ落ちると客席からも歓声が。
これがカープに移籍後、実戦形式での初ヒット。
打った後にはこんなシーンもありました。
そして、気を吐いたのが安部。
左ピッチャー飯田の2球目をしっかりと捉えると、打球はセンターへのホームラン。
サードのレギュラー争い、首脳陣へキッチリとアピールしました。

直近のニュース