広島ニュースTSS

広島でも「レオパレス21」不良物件 住民から怒りの声

02/12(火)  12:10 掲載

「レオパレス21」の賃貸アパートで安全基準を満たさない物件が相次いで発覚している問題で県内でも該当する物件が見つかり、住民からは怒りの声が聞かれました。

【住民】
「ニュースで今大々的にやっているのでもしかしたらという気はあったんだけどやっぱりそうだったんだなと思って腹立つよね」
こう語るのは広島市内のレオパレス施工のアパートに住む男性。
部屋の天井部分に不備が見つかり、3月中の転居を求める通知書が一昨日、届きました。
同じ問題は福山市内のアパートでも。
【住民】
「ここがそうなるとは思ってもおらず、ビックリしましたね」
県内では問題となっている1996年から2001年の期間にレオパレスにより65棟のアパートが建てられ、そのうち21棟の物件で天井部分の耐火性能が基準を満たしていない不備が見つかっています。

直近のニュース