広島ニュースTSS

サンフレッチェ広島 プレシーズンマッチ「0封勝利」に自信

02/11(月)  19:40 掲載

Jリーグの開幕まで2週間を切ったサンフレッチェ。J2のレノファ山口とプレシーズンマッチを戦いました。

スタメンは控え組が中心、調整が遅れているパトリックがスタメン出場し、皆川と2トップを組みました。
立ち上がりリズムに乗れないサンフレッチェ、レノファに攻め込まれる場面が続きます。
前線のパトリックにもなかなかボールがつながらず、決定的なチャンスがないまま前半を折り返します。
後半にはキャンプ中のケガで出遅れている柴崎がピッチへ。
すると後半10分、右サイドを駆け上がったパトリックが柴崎へパス、最後は柴崎が押し込みゴール。
調整の遅れが心配されていた2人が、開幕に向け徐々にコンディションを上げてきました。
【城福監督】
「まずは0点で抑えたこと、しっかりと勝利でゲームを締めくくったことを含めて、今やるべきことはやってくれたかな、と思っています」
【MF柴崎晃誠選手】
「まだまだコンディションは出来上がっていないが、徐々に上がってきているので、これからまた上げていきたいと思いますし、今日の得点は次につながると思いますので良かったです」

直近のニュース