広島ニュースTSS

J1 広島と長崎が「ピースマッチ」で対戦へ

8/10(金)  19:40 掲載

11日にV・ファーレン長崎との試合に臨むサンフレッチェ広島。ワンボール・ワンワールドスポーツが出来る平和に感謝との思いを込めピースマッチに臨みます。

試合を前にホーム、エディオンスタジアムでトレーニングを行ったサンフレッチェ。現在、2位との勝ち点差は5に詰め寄られている状況です。終了間際の失点で勝ち点を落とした前節からおよそ1週間。チームとして取り組んだこととは?
【サンフレッチェ・柏選手】
「前節勝ち点3のところを1にしてしまった部分がある。勝ち点への執念をもう一度見直すいい時間になった。チームとして勝ち点3をとるためにできることをやりたい」

次節は平和都市、長崎とのピースマッチ。「ワンボール、ワンワールドスポーツが出来る平和に感謝」との思いを胸に全身全霊のプレー、そして勝ち点3を誓います。
【サンフレッチェ・柏選手】
「平和を象徴する広島と長崎のチームがJ1で戦えることが(世界に)与える影響は大きい。スポーツが与える影響平和への影響は非常に大きいと思うので、プレーでしっかり表現して皆さんに喜んでもらえる試合をしたい」

一方、サンフレッチェの山本社長とV・ファーレン長崎の高田社長が慰霊碑に花を手向けました。ピースマッチでは、試合前にスタジアムの内外で平和を祈る様々なイベントやコンサートが行われます。
【サンフレッチェ広島・山本社長】
「スポーツができる平和に感謝していただけるような試合を長崎さんと一緒にやらせていただきたい」
【V・ファーレン長崎・高田社長】
「平和のメッセージを日本だけでなく世界へ本当に発信していきたい」
V・ファーレン長崎との試合はホーム、エディオンスタジアム広島で午後7時キックオフ。
平和を願う気持ちと共にスタジアムで勝利を見届けましょう。

直近のニュース