広島ニュースTSS

熊本の高校球児 広島で「恩返し」ボランティア

8/10(金)  12:20 掲載

豪雨災害の被災地、坂町小屋浦地区に、2年前の地震で被災した熊本県から高校生のボランティアが駆けつけました。

【新崎記者】
「きょうも朝から焼けるような日差しの中での作業となっているが、高校生たちが手伝う姿に現場が活気づけられます!」
ボランティアに訪れたのは熊本県の九州学院野球部の3年生など29人です。九州学院は、3年前に、春夏連続で甲子園出場を果たした強豪校です。この夏の出場はかないませんでしたが、熊本地震への支援に恩返しをと夏休みを利用して坂町を訪れ土砂が流れこんだ住宅の片づけを手伝いました。
【九州学院の野球部員は】
「自分たちも熊本地震の時に全国の皆さんに助けてもらった。今度は自分たちが被災者の皆さんを助けていかないといけないと思う」
【住民は】
「ずい分助かります。若い人の飲み込みが早いですから」
多くの被災地で、お盆の間、ボランティア派遣の中止を決めていますが、呉市の一部地域と坂町ではボランティアセンターを運営するということです。

直近のニュース