広島ニュースTSS

三次の鵜飼い「1か月ぶり」営業再開

8/10(金)  12:26 掲載

豪雨災害の影響で7月3日から休止していた三次の観光鵜飼いが、9日夜、営業を再開しました。

およそ1カ月振りに再開した観光鵜飼には夏休みの家族連れなどが訪れ鵜匠の匠な手縄さばきで懸命にアユを追う鵜の姿に盛んに拍手を送っていました。
三次の鵜飼は、7月豪雨による川の増水で遊覧船6隻が被害を受けたほか川底に堆積した土砂の影響で営業休止となっていましたが今月4日に安全が確認され昨夜、再開にこぎつけました。
【鵜匠リーダー・日坂文吾さん】
「(川底に)体積した土砂はどうにもならない。それをかいくぐりながらやっていかないと仕方ない」
【三次市観光協会・政森進会長】「苦しさの中で立ち上がった三次の鵜飼いを是非ともご覧頂きたいと思います」
三次の観光鵜飼いは、大雨の日を除いて来月10日まで行われます。

直近のニュース