広島ニュースTSS

JTサンダーズ 猫田記念体育館で消防訓練

6/13(水)  19:05 掲載

トップアスリート自ら「火の用心」です。今年の秋に開幕するバレーボールの新リーグ、V1リーグの『JTサンダーズ』の選手たちが、広島市の猫田記念体育館で消防訓練を行いました。

訓練は練習中に監督室から出火したという想定で行われました。
【選手】
「火事だー!」
選手たちは火元の場所を確認した後、非常ベルを鳴らして体育館に設置された消火器を持って集まり、初期消火の手順を確認しました。
また、手分けをしてスタンドにいる観客の避難誘導も同時に行いました。
JTサンダーズの本拠地『猫田記念体育館』ではファンが普段の練習を見学できることもあり、万が一に備えて毎年、オフシーズンとなるこの時期に消防訓練を行っています。
【JTサンダーズ 山本将平主将】
「ファンの方も見に来てくれることが多く、ケガなく避難できるようにするのが選手の責任だと思うのでしっかり頭に入れてやっていきたい」

直近のニュース