広島ニュースTSS

【旬食動画】広島さとやま食材 15)牛肉(元就)(安芸高田市高宮町)

3/13(火)  00:00 掲載

【高宮実験牧場 田邊 滋郎 場長】
「旨みが強く出ていますので、おいしいお肉になってます」

今回やって来たのは安芸高田市高宮町。
この建物の中で大切に飼育されているのが…広島県産の和牛ブランド「元就」。
ここでは800頭の牛が飼育され、その内の3分の2が「元就」になる条件を満たしていると言います。
その条件とは3つあり、まず広島の血統を父または母から受け継いでいる事、広島県内で生まれ育った事、さらに肉質が3等級以上でなおかつ、食べられる肉量を表す歩留り等級がB以上である事なんです。

戦国大名・毛利元就公が砂鉄や木炭などの物資の運搬に広島牛の祖先ともなる牛を利用したことにちなみ、2013年に「元就」と名付けられました。

【高宮実験牧場 田邊 滋郎 場長】
「脂がしっかり入って、サシの入った。おいしいお肉ができています。例年よりかなり成績が良くなっています」

血統は牛肉の味を決めると言われるほど重要な要素。
そんな由緒正しい広島血統和牛、心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか。

直近のニュース