広島ニュースTSS

小学生33人が和食作りに挑戦!『わんぱく大作戦』

  • 地域
  • 生活

1/13(土)  18:00 掲載

子どもたちの「挑戦」「冒険」「発見」を応援する『わんぱく大作戦』企画。
今回は「和食」作りに挑戦し、料理の楽しさを学びました。

広島市中区で開かれた『わんぱくクッキング王』に参加したのは、33人の小学生です。
今回は「たこめし」などの和食に挑戦しました。

子どもたちは慣れない包丁を使って、人参を切ったりネギを刻んだり野菜の下準備。
そして…
【子どもたちの調理の様子】
「(肉を)拡げた方がいいんじゃない?」「あぁ!」「肉が切れてない!」
〜失敗もご愛嬌です。〜

料理の仕上げは味付け。
調味料を加えて味を整え、味見も自分たちで行います。
【子どもたちの調理の様子】
「さっきよりかは味が濃くなって美味しい」

最後に盛り付けて、和食の完成です。

【参加した子どもたちは】
「楽しかったです。野菜を切ったりするところです」
「子どもだけでつくったのが面白かった」
「難しいところもあったけど楽しかったです」
「お母さんの手伝いをしてみたくなりました」
と話していました。

次回は『中華料理』に挑戦します。