広島ニュースTSS

新春!日本一の熊野筆を使った書き初め会

1/06(土)  18:00 掲載

日本一大きな熊野筆を使って書き初めをする新春恒例のイベントが
広島市内で行われました。

今年で17回目となった『新春ウルトラ書きぞめ』。

使われたのは畳130枚分という巨大な絹の布です。

広島市在住の書家3人がおよそ40リットルの墨汁を使用し、
墨を飛び散らせながら一文字ずつ豪快に筆を入れていきました。

筆は長さ1・8メートル、墨を含むと重さ40キロにもなるという
日本一大きな熊野筆も使われ、豪快な筆さばきで訪れた人たちを魅了しました。
書いたのは『寿無涯』。

おめでたいことがいつまでも続くようにという願いが込められました。

直近のニュース