広島ニュースTSS

マツダスタジアム初の合同トライアウトに大勢のファン  「もう一度ユニフォーム姿を」

  • 地域
  • スポーツ
  • カープ

11/15(水)  12:00 掲載

プロ野球で戦力外となった選手などが新たな所属先をさがす12球団合同のトライアウトが、15日、マツダスタジアムで行われています。

マツダスタジアムで初めて開かれた合同トライアウトには朝から大勢の野球ファンが集まりました。
ファンは「せっかくズムスタであるから来ないといけないなと会社を休んできました。中村亘佑選手や多田選手を応援していたので」
「(応援したいのは)木村昇吾選手です。まだ現役を続けてもらいたいので、頑張ってどこかの球団からスカウトしてもらえればいいかなと応援したいです」と話していました。

もう一度ユニホームを着るための最終テスト『トライアウト』には、カープから戦力外通告を受けた2人を含む、51人が参加しています。
トライアウトはシート打撃の形式で行われ、多くの観客が見守る中、選手たちは各球団の担当者にアピールしていました。
プロ野球の世界への生き残りをかけたトライアウトは、午後3時ごろまで行われます。