広島ニュースTSS

1キロ超える「植物片」 福山市のブラジル人2人を大麻取締法違反容疑で逮捕

  • 事件・事故
  • 地域

11/14(火)  19:00 掲載

大麻を瓶に入れ、販売目的で自宅に隠し持っていたとして、福山市のブラジル人の男ら2人が大麻取締法違反の現行犯で逮捕されました。

逮捕されたのは、いずれもブラジル国籍の造船工、カザハヤ・ヒロシ容疑者(25)と、19歳の少年です。カザハヤ容疑者らは先月、福山市内で職務質問を受けた際、大麻が入った紙巻きタバコを所持していました。

このため、きょう午前、警察は2人が同居する福山市の自宅を家宅捜索したところ、乾燥大麻とみられる植物片が入った大小およそ30本の透明な瓶が見つかりました。
植物片の量は、全部で1キロを超えるということです。

警察の調べに対し、カザハヤ容疑者らは「大麻ではない」と容疑を否認していますが、警察は大量の大麻を販売目的で保存していたとみて、押収物の鑑定や流通ルートの解明を急ぐ方針です。