広島ニュースTSS

医師の男 飲酒で当て逃げ逮捕

  • 事件・事故

10/28(土)  18:00 掲載

きのう夜、酒気帯び運転で広島市南区に住む医師の男が
現行犯逮捕されました。
男は当て逃げ事故を起こし、そのまま逃走していました。

酒気帯び運転で現行犯逮捕されたのは、広島市南区の医師 河口洋介容疑者です。
警察によりますと、河口容疑者はきのう午後11時20分ごろ
広島市南区的場町の市道でタクシーに追突する事故を起こし、そのまま逃走。

およそ20分後、警察官が安佐南区大町東で河口容疑者の車を発見し、
呼気1リットルあたりで基準値のおよそ3倍となるアルコールを検出したため、
酒気帯び運転で現行犯逮捕しました。

河口容疑者は、「間違いない」と容疑を認めています。