そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

原田株式会社

【本社】山口県防府市新田

原田株式会社(山口県)

今回のそ~だったのかンパニーは、ユニークなユニフォームをつくって注目を浴びる山口県の「原田」が登場!今、企業が求めるユニフォームが変化している!?そんな需要をいち早く読み取り、カンパニーはオリジナルのユニフォームを製造、販売し、業績を伸ばしている。八嶋はカンパニーのつくったユニフォームを見て「カッコイイ!こんなユニフォーム見たことない!」と大興奮。一体どんなユニフォームなのか?値段度外視!こだわり満載のオリジナルユニフォームを大公開します。ダサイ!カッコ悪い!そんな作業服のイメージを覆し、ユニフォームで職場を変えようと奮闘するカンパニーの挑戦に迫ります。

放送内容写真

そーだったのかポイント1

ユニフォームひとつで職場を変えるカンパニー

ユニフォームで職場を明るくするお手伝いをするカンパニー、原田。店舗でのユニフォームの販売やカンパニー自らデザインの提案を行っています。創業当初は繊維工場から出た余った糸で軍手をつくる工場でした。その後は様々な企業のユニフォームや道具を取り扱う店をオープンし、刺しゅうなどを入れるサービスを行っていました。最初は既成の作業服に企業名をいれるだけでしたが、次第に様々な要望が出てきました。その要望に応えるため、9年前にカンパニーはデザイン部門を起ち上げ、ユニフォームのデザインはもちろん生地選びなどオンリーワンのユニフォームの制作を開始。ユニフォームを変えることで仕事自体のイメージを変え、社員のやる気アップにつなげたいという企業から人気を集めているんです。

そーだったのかポイント2

ユニフォームを全国へ向けて!

放送内容写真

カンパニーではおよそ1年かけてあるプロジェクトに取り組んできました。それはカタログづくり。オシャレな雑誌のようにモデルがユニフォームを着てポージングをしているもの。カンパニーのオリジナルのユニフォームが多数掲載されています。現在、カンパニーの取引先はほとんど山口県内。しかしユニフォームの国内市場は5000億円!
そこで全国で販売するためにカタログづくりを行ったのです。しかし全国区ともなると様々な規格に適合させる必要があります。そこでカンパニーの企画とデザインを担う社員たちが日々入ってくる新しい情報と取り入れ、会議を重ねています。カンパニーの挑戦はいま始まったばかり!全国でカンパニーのユニフォームを見かける日は近いかもしれません。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」