そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

13.01.27OAのそ~だったのかンパニーは!?

今週の紹介カンパニー
紹介企業

出雲カーボン株式会社

【本社】島根県出雲市【事業内容】調湿木炭の製造・販売など

放送内容写真

今回の「そ~だったのかンパニー」は炭のパワーを最大限引き出したカンパニー「出雲カーボン」。炭作りの常識を覆す、新発想の炭作りで成功したカンパニーの裏側にはとことんまで炭を調べ尽くした科学的実証研究があった!出雲市内の住宅9軒に1軒が使用しているという炭を開発したカンパニーの秘密に迫ります!

島根県出雲市にある「出雲カーボン」は炭のパワーを科学的に実証し、炭だけで1億円を売り上げているカンパニー。一体どんな炭なのか?秘密を探るため一軒のお宅へ!そこにあったのは床下に敷き詰められた炭!雨が多く湿度の高い山陰地方の住宅の悩みを解決したその炭のパワーとは湿度を調整するというものだった!

「出雲カーボン」が快適に暮らすために作りだした住宅用の炭。その炭と一般の木炭の重さを比べた八嶋は「すごい!全然違う!」と興味津々。圧倒的に軽い「出雲カーボン」の炭には一般の木炭とは異なる大きな特徴があったのです。
炭の持つ調湿効果を最大限発揮するために「出雲カーボン」が開発したその製造方法とは短時間で炭を作るというもの。一般的には約1週間かけて炭にしますが、「出雲カーボン」は1時間で炭にする。さらに炉の中で空気を噴射させることで、炭の表面に多くの穴をあけるのです。これにより穴の分だけ軽くなり、湿度をより多く吸収するというわけなんです。
「出雲カーボン」はこの実験を何度も何度も繰り返し、灰にせず穴のたくさん開いた炭=調湿効果の高い炭の開発に成功したのです。