そ~だったのかンパニー

提供:中国電力

過去紹介した企業のおさらい

今週の紹介カンパニー
紹介企業

株式会社 大町

【本社】岡山県瀬戸内市長船町

株式会社 大町(岡山県)

今回のそ~だったのかンパニーは、日本一の駄菓子売り場を持つ岡山県の「大町」が登場!1000平方メートルもの敷地を誇るカンパニーの駄菓子売り場は、日本一の広さ。休日には郊外にも関わらず、県内外から約4000人もの人が集まるという人気ぶり。しかし、日本一はこの広さだけではなかった!駄菓子を通して、笑顔を引き出す日本一の仕掛けがあると言う。果たして、その仕掛けとは一体?子どもが笑顔になる駄菓子売り場づくり、人気アニメマンガとのコラボなどなど、八嶋が「なるほど!」と声をあげたその仕掛けの数々を大公開します。駄菓子屋を再現したスタジオで八嶋は「大人になってもテンション高くなるね!」と上機嫌。「これ好きだった!」「これ、昔からあるね!」と大興奮で駄菓子を口に頬張ります。駄菓子で地元を元気に!世界を平和に!とスケールの大きな夢に本気で挑む、駄菓子カンパニーの奮闘に迫ります。

放送内容写真

そーだったのかポイント1

あることが日本一のカンパニー!?

1970年に岡山の地で創業したカンパニー、大町。あることが日本一で年間45万人ものお客さんが訪れています。そのあることとは駄菓子売場の広さ!およそ1000平方メートルの店内にお菓子が2000種類以上。懐かしい駄菓子や珍味、さらに箱でまとめ買いもできるんです。
創業当初はお菓子の卸売を行っていましたが、バブル崩壊の影響を受け仕事が激減。そんな状況を打開するためカンパニーは「激安お菓子の直売」というイベントを始めました。この販売のきっかけとなったのが廃棄されてしまうお菓子の存在でした。実はお菓子は賞味期限が3分の1を過ぎてしまうと販売されず、メーカーに返却されてしまいます。そしてその多くが廃棄処分に。それを「もったいない」と思ったカンパニーは賞味期限の近いお菓子を激安で販売することを決めました。これにより大量のロスをかかえるお菓子メーカーは助かり、カンパニーは安く仕入れ、お客さんは激安で購入することができる、みんなが笑顔になる仕組みができました。この激安イベントは月に2回でしたが、2011年に本格的な店舗として営業をスタート。現在では駄菓子や縁日のおもちゃ売り場を拡大し、たくさんの人が訪れる大人気スポットになったのです。

そーだったのかポイント2

駄菓子で子供たちに笑顔を!

放送内容写真

カンパニーは駄菓子で子供たちを笑顔にする様々な活動をしています。
例えば月に1度行う「お菓子祭り」というイベントでは激安お菓子販売はもちろん、昔ながらのなつかしいちんどん屋さんと紙芝居を社長自らが行っています。
そして毎年3月12日を「駄菓子と笑顔の交換日」として駄菓子がもらえるウォークラリーやゲーム大会などのイベントを岡山や大阪で開催しています。この会のきっかけは2014年にフランスで開かれた日本文化の発信イベントでした。そこで駄菓子に夢中になる海外の子ども達を見て、駄菓子でみんなを笑顔にできると確信したのです。
子供たちの笑顔を見ることがカンパニーのパワーの源!駄菓子が世界に広がり、子供たちの笑顔であふれる日も夢ではないかもしれません。

あなたの街の「気になるかンパニー大募集!」