平成30年4月度 TSS番組審議会報告


とき:平成30年4月25日(水)午後2時
ところ:広島市南区のTSS本社会議室

◆審議

『子育て応援バラエティ パパチャレ!〜こどもの能力伸ばしますSP!!』
<3月31日(土)正午放送>

の審議に入った。

委員からは

  • 子育て番組をバラエティ化して、Wエンジンも明るくテンポがあったので、楽しく視聴できた
  • 専門家の話が自然で分かりやすく、とても良い人選
  • イ草の効果という知識から入って、明日にでも実行できるキャンプを紹介し、最後は真面目な読み聞かせで締めくくる構成も素晴らしい
  • 放送時間やバラエティというジャンルから考えると、内容を突き詰めるより、きっかけを提供できればよい
  • 子供のどういう能力がどのように伸びたのか分からなかった
  • 3つのテーマをくくる統一テーマがあったほうがよかった
  • バラエティなのか情報番組なのか分かりにくく、内容の信頼度に疑問も感じた
  • 母親が見守る中で、父親が何かに挑戦する設定だったら、子供の反応が違っていたかも
  • などの意見が寄せられた。

    これらを受けて、報道制作局専任局次長の角和信は、

  • thank you for zeroキャンペーンの一環として、毎年1回制作している
  • 子供と接する機会の少ない父親が多い中、子供と父親の距離を縮めたり、思い出づくりに貢献できる番組を考えた
  • “エビデンスに基づく教育”についてリサーチした結果、暗記力と集中力、自立心と責任感、情操教育に辿り着き、今回の内容で構成した
  • 学術的な内容にすることは可能だが、土曜の昼間、気楽にバラエティを楽しんでもらい、番組を何かのきっかけにしてもらえれば良いと考えた
  • などとコメントした。

    出席者は以下の通り。

    <出席委員>
    松浦雄一郎委員長・細井謙一副委員長・徳永修委員・荒木史子委員・細羽雅之委員・鈴木哲也委員・熊平明宣委員(順不同)。