平成17年5月度 TSS番組審議会報告


とき:平成17年5月23日(月)11:00〜
ところ:(株)テレビ新広島 TSS本社会議室

議 題

*「人気もん!」(毎週日曜あさ9時放送)


◆事務局より報告事項

・TSS4月度視聴者対応状況報告

◆議題

・「人気もん!」

  • 内容が盛り沢山で、多種多様な情報を得ることができた
  • 番組は、素材の良し悪しにかかっている
  • テンポが良く、飽きずに楽しく視聴できた
  • 電話番号などの字幕スーパーは、もう少し長く表示してもらいたい
  • 新しい視点で、地域を紹介している
  • リポーターは親しみやすさで選ばれたのだと思う。失敗や失言も番組に取り込んでみては
  • 放送時間を考えると、家族全員で楽しめる仕掛けのある番組を期待
  • “人気もん”とタレントのどちらが主役なのか、はっきりしない
  • “人気もん”をリレーで紹介する演出に、ぎこちなさを感じる
  • 情報が多過ぎる。ネタの数を減らしてでも、内容に深みを与える工夫が必要
  • 地域の暮らしを支えている人にスポットを当てている点は、評価に値する
  • 既存の地域紹介番組と差別化を図る上でも頑張ってもらいたい
  • 同時間帯の他番組に比べて元気があり、めざまし効果がある
  • オープニングは、リポーターの声とナレーションがかぶって聞きづらかった
  • リポーターには、視聴者にイメージが伝わるような具体的な言葉で表現してもらいたい
  • 視聴者から寄せられる情報で番組を構成することは、メディアと視聴者の双方向化に繋がる
  • “人気もん”という言葉の意味が曖昧で、明確に伝わっていない
  • “突撃”という取材スタイルにしては、突撃感がない

    などのコメントが寄せられた

これらの意見を受けて、西尾浩ニプロデューサーは
  • コンセプトは、中国地方の各地で頑張っている人を応援すること
  • 市町村単位で取材しているが、地域によってネタにばらつきがあり苦労している
  • 地域のイメージをどう伝えていくか、“人気もん”の掘り下げ方など、より良い方法を模索している
  • 番組終了後に寄せられる反響が、番組の財産
  • ネタの数は、今後検討していきたい
  • タレントスケジュールなど取材時間に制約があり、内容的に不足した部分をいかに構成していくかが課題

などとコメントした。

出席者は以下の通り。
  松浦雄一郎委員長・大野徹副委員長・末長昌子委員・山田知子委員・池田明子委員・中嶋健明委員(順不同)。

テレビ新広島
〒734-8585 広島市南区出汐2-3-19