行きたがリーノ IKITAGARINO

毎週土曜日よる6時30分~

過去の放送内容2015.08.08 OA

  • 過去の放送内容
  • 行きたがリーノレシピ
  • “行きたがリーノ”紹介
  • 番組へのご意見ご感想
  • IKITAARINOトップ
title

#63 ニュージーランド人 初めての道の駅で夏野菜料理

前回に引き続き今回の行きたがリーノさんは、ニュージーランド出身のトニーさん。前から気になっているという「道の駅」へ行ってみたい!と行きたがリーノ号に乗ってきてくれました。ただ休憩するだけでなく、情報の発信をしたり地元の特産品を売ったりと、「道の駅」の役割は多様化しているんです。広島に道の駅は全部で18箇所あり、今回は訪れたのは、4月にリニューアルオープンしたばかりの尾道市御調町にある「クロスロードみつぎ」。

着いてトニーさんと柴田が向かったのは野菜市。午前中には8割が売れてしまうという人気の場所なんです。たくさんの新鮮な野菜に興味津々のトニーさんは柴田から、道の駅の野菜には農家さんの名前が袋にかいてあるから安心できていいんだよね、と教えてもらいながら歩いていると、おいしそうなトマトを発見!なんとトニーさん、トマトを手にとりそのままパクリ。おいしそうなあまり我慢ができず食べてしまったんです。そこへキャラクターのよさそうな女性の店員の福田さんが登場。この野菜市で人気のオススメを聞いてみると、特に人気は「トマト」と「玉ねぎ」とのこと!そしてそのトマトは先程トニーさんが試食したトマトでした。玉ねぎは、連日売り切れでこの日も完売していた石本さんという方の玉ねぎ。そんな人気の玉ねぎも食べてみたいですよね!ここにないのならしょうがない。二人で手分けをして「トマト」と「玉ねぎ」をもらいに行ってその食材で夏にピッタリの料理を作ろう!と柴田。その提案にも大賛成のトニーさん、実は今年の1月までカフェでシェフをしていたんです。と、ここで福田さんにこのあたりで料理のできる場所を貸していただけるところはありますか?と相談してみると、なんと福田さんのお家のキッチンを使わせていただけることになりました!そこでまたまた、シェフ経験のあるトニーさんと、御調町に嫁いで40年の料理大好き主婦の福田さんが、夏野菜を使って料理対決をすることに決定したのです。

ということで対決を前に新鮮な食材を農家さんに直接いただきに行きます。トニーさんは採れたての新鮮な「トマト」を求めて生産者のみつぎ農家へ。初めての取材で緊張気味のトニーさんでしたが、なんとか取材交渉できました!お世話になったのはみつぎ農家の高橋さん。大きなビニールハウスへ案内してもらい、ここで勉強になる話しをたくさんしていただきました。みつぎ農園のトマトは、通常のものに比べ糖度が倍近くもある甘味の濃いトマトなんです。そしておいしいトマト作りを40年前から研究し続けている高橋さんから、採れたての新鮮なトマトをたくさんいただくことができました!
一方の柴田さん、売り切れた玉ねぎを求めて石本さんのお宅へ。案内してもらったビニールハウスには、紫色のサラダ用の玉ねぎと茶色の玉ねぎがたくさん収獲して置いてありました。そして持ちきれないほど玉ねぎをいただくことができました。

これで無事に二人とも夏野菜をゲットし、福田さんのお宅に集合です。トニーさんと福田さんはどんな料理を考えているのでしょうか!?まずは元シェフのトニーさんから。トマトとモッツァレラチーズ、バジルペーストをパスタにからませた「トマトの冷製パスタ」。冷凍させたトマトと缶詰めのマンゴーとシロップをミキサーにかけ、更にその上にトマトの皮で作ったバラの飾りを添えた「トマトとマンゴーのスムージー」。最後に、玉ねぎを贅沢に使った「オニオンスープ」の3品を短時間でつくってくれました。トニーさんのつくる料理に興味深々だった福田さんは、たくさんのトマトをじっくり煮込んでつくった「夏野菜カレー」をつくってくださいましたよ。キッチンはいいかおりでいっぱい。早速試食をしたのですが、トニーさんと福田さんがつくった計4品はどれも本当においしく、料理対決は引き分けという結果になりました。おいしい料理に勝ち負けをつけることができなかったようですね。トニーさんは今回協力していただいた方へ感謝していて、とても楽しかったと振り返っていました。

Page Top

Copyright © TSS-TV Co.,Ltd