地域安全情報 協力:広島県福山東警察署

交通事故や犯罪被害の防止に関係する情報、その他様々な情報を提供いたします。

>>>速報<<<<

現在、お知らせする速報はありません。

速報が入り次第、こちらで掲載いたします。
  • 福山東交通少年団の入団式が開催!

    2019.04.25

    4月13日福山東警察署において、福山東交通少年団の入団式が開催されました。

    福山東交通少年団は、昭和49年から続けられている活動で、今年度の福山東交通少年団は、管内の小学校(大津野、引野、蔵王、旭、樹徳、西、坪生、東)の5,6年から選ばれた63名の生徒で結成されました。

    この日行われた入団式では、おそろいの制服を着た団員たちに、入団承認証と団旗の授与が行われ、入団式後には警察署の裏庭において、交通課員から安全誘導要領の実習が行われました。

    これから団員たちには、毎月1日、15日の交通安全日に通学路において交通安全推進隊、福山市交通指導員、学校関係者等とともに登校児童の交通ルールの実践指導等を行ってもらいます。

    市民の皆様も緑の制服、赤いスカーフ、黄色いベレー帽を着用した福山東交通少年団の活躍を見かけられた際は、頑張っている子供たちへの温かい声かけとやさしい運転のご協力をよろしくお願いします。 

  • 国道2号線の交通取締りの強化について

    2019.03.20

    今月18日夜間に、国道2号線を横断中の歩行者が、車にはねられ死亡する交通事故が発生しました。
    福山東署管内の国道2号線では、去年12月にも同様の事故により、横断歩行者が被害にあう、死亡事故が発生しています。
     
    歩行者は、道路を横断する場合、必ず信号を守り安全を確認しながら横断歩道を渡りましょう。
    夜間歩行する時は、反射材を身につけて、交通事故に遭わないようにしましょう。


    車の運転者の方は、速度を守り前方をよく見て安全運転に努めて下さい。

    福山東警察署では、夜間国道2号線での速度取締りを実施するとともに交差点関連違反等の交通取締りを強化します。
     

  • 福山三警察署合同の薬袋用広報シール交付式及び感謝状贈呈式の開催

    2019.02.27

    「高齢者を犯罪や交通事故から守るための協力に関する協定」に基づいて高齢者に手渡す薬袋等に貼付する「犯罪被害防止・交通事故防止を呼び掛ける広報シール」を制作し、福山市薬剤師会に広報シールを交付するとともに、制作協力していただいたセキスイハイム中四国株式会社に感謝状を贈呈しました。

     広報シールの制作については、福山東地区防犯組合連合会・福山西警察署管内防犯組合連合会・福山北警察署管内防犯連合会・JFE西日本硬式野球部・福山ローズファイターズにも協力いただきました。

    関係各所の皆様ご協力ありがとうございます。

    今後、広報シールを薬剤師会加盟の薬局薬店238店舗に配布して、高齢者対象に薬袋やお薬手帳に貼付して広く広報啓発を行っていきます。
     

  • 二輪車の2人乗りについて ~一般道路において~

    2019.02.27

    次の者が自動二輪車を運転する際、2人乗りはできません。

    (1)大型二輪免許を保有していて(普通二輪免許を受けていて、その期間が1年以上ある者などを除く)大型二輪免許を受けている期間が1年に達しない者。

    (2)普通二輪免許を保有していて(大型二輪免許保有者などを除く)普通二輪免許を受けている期間が通算して1年に達しない者。
     ※原付は乗車定員が1人のため、2人乗りはできません。

    二輪車の交通事故は、命に関わる重大事故に発展するおそれがあります。
    交通ルールを守って交通事故防止に努めましょう!

     
    罰則…10万円以下の罰金
    違反点…2点
    反則金…12,000円▼
     

  • アンダー5作戦の目標達成!

    2019.02.21

    広島県警では、2020年に向けて特殊詐欺被害を5億円以下にするアンダー5作戦を推進していましたが、昨年平成30年中の特殊詐欺の被害状況が
     
    ★県内
    認知件数 177件(-228件)
    被害額 約3億5千万円(-約6億7千万円)

    ★福山東警察署管内
    認知件数 16件 (-17件)
    被害額約 3,300万円(-約6,500万円)

    と前倒しで目標を達成することが出来ました。

    しかし、被害の根絶には至っておらず、電子マネー利用型等の新たな手口の発生、全国的にはオレオレ詐欺の認知件数の増加傾向など、依然として予断を許さない状況です。

    今後も警察では特殊詐欺に対して検挙・防犯の両面で施策を推進していきますので、各種警察活動へのご理解・ご協力をお願いいたします。
     

  • 安全な道路横断について

    2019.02.21

    昨年1年間に広島県内では『歩行者』が道路横断中に車両等と衝突した交通死亡事故が27件発生しています。

    これら交通死亡事故の中には、ドライバーだけで無く歩行者側に交通違反があるものもありました。 
    交通事故に遭わないため、正しく安全な道路横断をお願いします。
     
    ※道路交通法で定められている主な歩行者の交通ルール
    歩行者は

    ○信号機の表示する信号警察官等の手信号等に従うこと
    ○横断歩道がある場所の付近では
    横断歩道によって横断すること
    ○斜めに道路を横断してはならない
    ○車両等の直前
    又は直後で横断してはならない
     
    警察官等の指示に従わず違反した歩行者には罰則(2万円以下の罰金又は科料)があります。
     

  • 銀行協会を騙る特殊詐欺の発生!

    2019.02.13

    2月7日,福山市内で銀行協会を騙る特殊詐欺が発生しています。

    騙されないでください!
     
    <被害者>
    福山市の女性(90歳代)
     
    <内容>
    被害者方に電話があり
    ・キャッシュカードが古いのから新しいのに変わる
    ・お得意先の銀行はどこですか
    ・手続きに必要なので口座の暗唱番号を教えてください
    ・まもなくしたら銀行関係の者がキャッシュカードを取りに行きます
    ・キャッシュカードを封筒に入れて用意しておいてください
    などと言われ,口座の暗唱番号を伝え,被害者方に訪れた犯人にキャッシュカード入りの封筒を手渡して,だまし取られた
     
    <騙されないために>
    ・電話でお金の話しが出たら詐欺
    ・即断より相談
    ・現金やキャッシュカードを公的機関が預かることはありません
    ・他人にキャッシュカードを渡したり,暗唱番号を教えたりしないでください
    ・不審な電話があれば,すぐに警察に相談しましょう
     

  • 高齢歩行者の事故を防止するため曙学区で交通安全教室を開催

    2019.02.13

    福山東警察署管内の福山港松浜線沿線では、昨年4月に東川口町、11月に曙町、本年1月に一文字町で夜間に高齢歩行者が巻き込まれる重大事故が発生していることから、2月8日に曙学区自治会、曙公民館等のご協力を得て、近隣住民の方を対象とした交通安全教室を開催しました。

    安全教室では歩行者が巻き込まれた交通事故のドライブレコーダー映像を放映したところ、自動車前方に急に現れる歩行者の映像に悲鳴が上がるほど反応があり、参加者には、自動車から夜間の歩行者がどれだけ見えづらいかを理解していただきました。

    さらに、反射材やライトの効果等を映像を交え説明したところ、真剣に聞いていただき、「自分の命は自分で守る!」という交通安全意識を高めてもらえたのではないかと思います。
     
    歩行者は、道路を横断する際は、左右の安全確認を徹底し、横断歩道を渡り、夜間・早朝は、周囲からよく目立つ明るい色の服装を心掛けるとともに、ライト・反射材等を身に付けましょう。

    ドライバーは、早めのライト点灯と上向きライトの活用で、安全を確保しましょう。
     

広島県福山東署のFacebookはこちらから