2020.01.22(水)  やりたいこと73「黄金の魅力にふれたい!」

きょうから広島三越で開催されている
大黄金展」の取材にいってきました!
会場入り口では
昭和・平成・令和と輝き続ける手塚治虫さんの作品
「ブラックジャック」のキャラクターが
まばゆい光でお出迎え。

 

会場内の1000点あわせて数十億円の金製品の中で
もっとも高価なのは
「平成大判」
お値段
2億8600万円!
重さは20キロで
京都の金閣寺に使われている金箔の量と同じなんだそうです。
写真はないですが、一見の価値ありです!

また1000円で純金のお茶碗で抹茶を楽しめるコーナーもありましたよ!
飲んだ後に、お茶碗の値段が580万円と聞き、手が震えました…。
このイベントは、今月29日水曜日まで開催されているということで、
金が持つパワーを感じてみてはいかがでしょうか?